シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

クリストファー・プラマー、「ヒースが体調を崩したのはロンドンの天気のせい」

クリストファー・プラマー、「ヒースが体調を崩したのはロンドンの天気のせい」
クリストファー・プラマー - George Pimentel / wireimage.com

 映画『パルナッサス博士の想像力』でヒース・レジャーと共演していたクリストファー・プラマーが、レジャーが体調を崩した原因をインタビューで語った。プラマーによると、レジャーはマイコプラズマ肺炎を患っていたらしく、寒く、ジメジメとしたロンドンの夜の撮影で体調を崩したんだろうとコメント。「ものすごい寒さの中での撮影が毎晩続いたんだ。何枚も洋服を着こんで、全員が抗生物質を飲んでいた」と言う。夜中の撮影ばかりだったため、レジャーが不眠に悩んでいたのは知っていたが、それ以外はニコニコとして、とてもチャーミングで優しい人だったと語る。「ついさっきセットで別れた気分だ。信じられないよ」とプラマーは残念そうにコメントした。


楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • ヒース・レジャーが患っていたマイコプラズマ肺炎とオリンピックの関係 from えいがねこの映画鑑賞日記 (2008年2月1日 3時42分)
    『パルナッサス博士の想像力』の共演者クリストファー・プラマーが撮影中にヒース・レジャーが患っていたマイコプラズマ肺炎についてインタビューで語った。 その肺炎とオリンピックには何か関係があるようだ・・・ ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2008年
  3. 2月
  4. 1日
  5. クリストファー・プラマー、「ヒースが体調を崩したのはロンドンの天気のせい」