シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

マドンナ、ベルリン映画祭で監督デビュー、次はカンヌ

マドンナ、ベルリン映画祭で監督デビュー、次はカンヌ
マドンナ - Jim Spellman / wireimage.com

 マドンナが初監督を務めた映画『Filth & Wisdom』(原題)がベルリン映画祭で公開され、「思っていたよりもよかった」との声が多く聞かれたようだ。撮影の際に夫ガイ・リッチーのアドバイスを受けたかとの記者の質問に、「編集段階ではあまり……。でも撮影前にはもちろん相談したわ。彼は自信を持つことが一番重要だと言ってたわ」と答えた。『Filth & Wisdom』(原題)はインターネットでの公開を考えており、5月のカンヌ映画祭ではマラウイのドキュメンタリー映画を公開する予定だと語った。

{link text="【第58回ベルリン国際映画祭】マドンナの監督デビュー作がベルリン映画祭でワールドプレミア上映" url="http://cinematoday.jp/page/N0012429"}
{link text="【第58回ベルリン国際映画祭】コンペ部門作品を一挙ご紹介!" url="
http://cinematoday.jp/page/A0001624"}


楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2008年
  3. 2月
  4. 19日
  5. マドンナ、ベルリン映画祭で監督デビュー、次はカンヌ