シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

北野武監督が「当たる映画」と豪語!新作映画『アキレスと亀』は現在絶好調撮影中!

北野武監督が「当たる映画」と豪語!新作映画『アキレスと亀』は現在絶好調撮影中!
映画『アキレスと亀』より、北野武と樋口可南子 - (C)2008『アキレスと亀』製作委員会

 9日、日活撮影所にて北野武監督待望の新作映画『アキレスと亀』の製作発表会が行われ、北野監督をはじめ、出演する樋口可南子と麻生久美子、本作から改名した柳憂怜(柳ユーレイ)が登壇した。

 “世界の北野”による第14作品目の本作は夢を追い続ける画家と、そんな男を愛し続ける女のストーリーで、北野監督は「前回、前々回と無茶な作品をやってプロデューサーに怒られたので、今回は当たる映画をまじめにやってます。あのときはだんだんスタッフが話かけてくれなくなったけど、今回はみんな来てくれるから面白いものに仕上がっていると思う」と賛否両論だった映画『TAKESHIS’』や『監督・ばんざい!』を振り返りながら語ってくれた。

 樋口と麻生は今回が北野組初参加。北野演じる主人公の妻という役柄の樋口は「最初はびっくりしました。いろいろな格好をさせられ、恥ずかしくもあり、うれしくもあり」と意味深な言葉を残した。一方、樋口の青年期を演じる麻生が「いつも樋口さんと話してるんですけど、現場がいつも早くて。だいたい1回でOKになるので、役者として試されているような気がして怖い」と告白すると、すかさず北野監督が「うまいからいいんだよ」と答え、女優2人を信頼している様子をうかがわせた。

 今回も北野監督は演出のほか、出演、脚本、編集を手掛け、中尾彬や大杉漣、大森南朋など豪華キャストの起用も決定している。クランクアップは今月の中旬ということで、現在、撮影はラストスパート中。北野監督が「当たる映画」と自信を持って語る本作は、世界の観客や、日本の観客にどう受け止められるだろうか。

映画『アキレスと亀』は2008年秋、全国公開

{link text="関連記事:北野武を“映画の神様”とあがめるイタリアの一団、ちょんまげで現る!【第64回ヴェネチア国際映画祭】" url="http://cinematoday.jp/page/N0011383"}
{link text="関連記事:麻生久美子、マジメでダサい男子に胸キュン!" url="http://cinematoday.jp/page/N0012935"}


楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • アキレスと亀 ブラックユーモアも吹き飛ぶ厳しさの果てにあるものは from もっきぃの映画館でみよう(もっきぃの映画館で見よう) (2008年10月5日 22時41分)
    タイトル:アキレスと亀、製作:オフィス北野 ジャンル:芸術家の転落物語/2008年/119分 映画館:TOHOシネマズ二条(68席)16:30~、     かなり入ってましたがプレミアスクリーンでの1日1回上映。 鑑賞日時:2008年10月4日(土) 私の満足度:75%  オススメ度:65%ちょっと残酷なので見に行く方は覚悟を。 北野武監督作品は昔さけていたこともあってまだ4本目だが過去3本は いずれもわからなかったというのが正直なところだ。一番印象に残って いるのは「監督・ばんざい!」の蝶天ラーメン店 ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2008年
  3. 4月
  4. 11日
  5. 北野武監督が「当たる映画」と豪語!新作映画『アキレスと亀』は現在絶好調撮影中!