シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

近所の若者が拳銃突き出し、一時撮影中止!ジョン・レグイザモ修羅場を語る!(1/2)

近所の若者が拳銃突き出し、一時撮影中止!ジョン・レグイザモ修羅場を語る!
ジョン・レグイザモ - 写真:Nobuhiro Hosoki

 テレビドラマ「ER 緊急救命室」や映画『アイス・エイジ』で活躍するラテン系俳優ジョン・レグイザモが、新作映画『ザ・テイク』(原題)について語ってくれた。本作は、強盗に襲われた、銀行の輸送装甲車のドライバー(レグイザモ)が、身の潔白を晴らすために、一人犯人に立ち向かって行く姿を描いた作品。インタビュー中、レグイザモは冗談を交えながら、気さくに質問に答えてくれた。

-本作に参加された経緯は?

(ジョン・レグイザモ)まず、エージェントから脚本を渡されたんだ。彼が「良い脚本だ」と言ったから、それで決めた。だって、彼は滅多に本を読まない人間なんだぜ! 唯一読むものと言ったら本のカバーぐらい(笑)。それって、これがかなり優れた脚本ということだろ(笑)!

-ざらついた感じの映像なのですが、意図的に撮影されたものなのでしょうか?

(ジョン・レグイザモ)監督のブラッド・ファーマンと撮影監督のルーカス・エトリンたちのビジョンによるもので、まるで沸騰点にいるような感覚をおぼえるだろう? 実際使われている家で撮影し、近所も普通の家だった。周りの環境も現実そのものなんだ。撮影の初日、近所にいた若者たちがクラフト・サービス(撮影中の軽食)を求めてやってきて「メシが食べたい」と言ってきたんだよ。その場にいたシェフは、彼にあげるべきだった。なぜならセットではない場所を確保して撮影しているうえ、近所に迷惑をかけているんだから。ところが、シェフは「だめだ」と答えたんだ。そこで、若者の一人がシェフをたたいた。もちろん、シェフもやり返したよ。そしたら、もう一人の若者が拳銃を取り出したんだ。警察ざたになってその日は撮影中止さ。恐らく今まで参加した映画の中で一番困難だった作品だと思う。事件を恐れたヘアー・メークの人が辞めてしまうし、最初の撮影監督が危ない環境下を恐れて、彼のもとで働いていたクルー全員が一斉に辞めてしまったときもあった。

-ロージー・ペレスとの共演はいかがでしたか?

(ジョン・レグイザモ)彼女とはよく一緒に仕事をしているよ。アニメも一緒に出演したこともある。 けれど今回は夫婦役ということで、これまで共演した中で、一番露骨で親密な関係であったと思う。セックス・シーンは、自分の家でやる以外では一番過激だったよ(笑)! けれど、精神的にも肉体的にもダメージを受けている男が、自分であることを証明するために行っている行為でもあり、意味のあるシーンなのさ。


キーワード

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2008年
  3. 4月
  4. 22日
  5. 近所の若者が拳銃突き出し、一時撮影中止!ジョン・レグイザモ修羅場を語る!