シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

ミムラが3年ぶりの映画主演!「夫と落語を見にいきたい…」

ミムラが3年ぶりの映画主演!「夫と落語を見にいきたい…」
落語にハマったというミムラ

 女優・ミムラが3年ぶりの映画主演となる映画『落語娘』の完成披露試写会で舞台あいさつを行った。

 14日、FS汐留ホールで黒のワンピース姿で現れたミムラは「この作品で、落語という伝統芸能に挑戦したり、以前ドラマで共演して尊敬していた津川雅彦さんと師弟関係を演じることができてうれしかった。いつか津川さんのように、だまっていても色気がにじみ出るような役者になりたいです」と語った。{link text="【関連作品の写真はこちら】" url="http://cinematoday.jp/movie/T0005994"}

 また、女落語家という役どころを演じるにあたって、実際に現役の落語家から指導を受けた際、「あなたを役者としてではなく、落語家とみなして指導するのでそのつもりで」と言われ身を引き締め、必死に取り組んだそう。演じるキャラクターがうそくさくならないようにと1か月半ほど落語漬けの日々を送り、そのころは朝起きた瞬間に、落語の有名な前座噺である寿限無(じゅげむ)を無意識のうちにしゃべっていたというエピソードを明かした。

 苦労の甲斐あって、劇中で女前座として見事な落語シーンを披露しているミムラ。これをきっかけに落語家デビューは? と聞かれると「とんでもないです。そんなおこがましいこと(笑)。落語を愛している方々に、これぐらいだったら許してやる、と言われるできだったらいいと思ってます」と謙遜(けんそん)した答え。そして出演をきっかけに知った落語の世界の魅力、奥深さについて熱く語り、「忙しくてまだ実現していないけど、映画が公開されるまでに夫と落語を見に行きたいですね」と笑顔になった。

『落語娘』は、作家・永田俊也の同名小説が原作の人情コメディー。真打を目指し、男社会である落語界に飛び込んだヒロインの奮闘と、彼女の破天荒な師匠の活躍を描く。

映画『落語娘』は、晩夏にシネスイッチ銀座ほかにて全国公開

オフィシャルサイト <http://www.rakugo-musume.com/>


関連作品
キーワード

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2008年
  3. 5月
  4. 15日
  5. ミムラが3年ぶりの映画主演!「夫と落語を見にいきたい…」