シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

医者を辞めて伝説的放浪サーファーになった85歳のドリアンを直撃!(1/2)

医者を辞めて伝説的放浪サーファーになった85歳のドリアンを直撃!
伝説的サーファー、ドリアン“ドック”パスコウィッツ - 写真:Nobuhiro Hosoki

 伝説的サーファー、ドリアン“ドック”パスコウィッツの波乱の人生に迫ったドキュメンタリー映画『サーフワイズ』(原題)について、ドリアン本人に話を聞くことができた。

 元々医者だったドリアンは不眠症と心配性に悩まされ続け、1956年に医者を辞めてサーファーに転職(?)。これだけならまだしも、何とドリアンは妻と9人の子どもを連れて、北米中を横断しながら家族全員とともにサーフィン生活を続けてきたのだ。このありえない人生を生き抜いてきたドリアンは現在、85歳。インタビューではドリアンの人生哲学を聞いてみた。

‐まずどういった発想からこの思い切った決断をしたのですか?

(ドリアン“ドック”パスコウィッツ)わたしは15歳のときから絶対に医者になるつもりでいたんだが、戦争中につらい体験をしてきたユダヤ人の母親や、学校の教授からは「お前は頭が悪いから医者にはなれないよ」と反対されていたんだ。それでもわたしは努力を重ねて、スタンフォード大学に通い、結局医者になってしまった。だが医者になった途端、自分の能力のなさに気付かされてね。しばらくするとお金を取って診察をしていることに対して苦痛さえ感じ始めていたんだ。そして最後には自分をだますことができなくなってしまって。だから医者を辞めてからの人生の選択は天職だと思っているよ。

‐子どもたちの教育は、すべてホームスクールなのですが、それは金銭的問題からですか、それともあなたの人生哲学によるものなのですか?

(ドリアン“ドック”パスコウィッツ)われわれはずっとあっちこっち旅行していたから、どこの場所でも長居はできなかった。子どもたちを1か月くらい学校に通わせてみたこともあったが、すぐに転校しなければならなかった。それに学校によっては進み具合が違って、子どもたちがまったく付いていけないということもあったし、逆に習ったことをもう一度やらされるなんてこともあった。それがホームスクールの始まりで、家……といってもキャンピングカーだが、そこではおもに朗読を中心にさせていた。しかし失敗したことが一つあった。それは数学や科学について子どもたちにまったく教えていなかったということなんだ。わたしの息子のモーゼがフットボールの推薦で高校に入れそうになったことがあったんだが、その推薦テストで受けた数学の大半を間違えたんだよ。彼には前もって中・高で教えるような数学を事前に教えていたんだが、残念ながら基本的な足し算や引き算が理解できていなかったんだ。あのときは本当に後悔したよ。


楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2008年
  3. 5月
  4. 22日
  5. 医者を辞めて伝説的放浪サーファーになった85歳のドリアンを直撃!