シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

シャロン・ストーン、「地震は報い」発言で謝罪

シャロン・ストーン、「地震は報い」発言で謝罪
シャロン・ストーン - Dominique Charriau / wireImage.com

 四川大地震について「地震はチベット問題の報い」とコメントして波紋を呼んだシャロン・ストーンが、謝罪の声明を発表した。ストーンはカンヌ映画祭のレッド・カーペット上のインタビューで、中国で起きた大地震について「中国のチベット自治区への対応は悪いと思う。そうしたらこの地震が起きて、因果応報かしら?と思ったわ」と語ったことから、非難が集中した。ストーンは声明の中で「深く謝罪します」とコメント。「私の不適切な言葉について、とても申し訳なく思い、中国の人々を傷つけてしまったことを悲しく思います」と語った。今回の問題発言で、ストーンを広告に起用していたブランド「クリスチャン・ディオール」は、今後中国での広告にストーンを起用しない決断を下している。ストーンは、謝意を地震被災者の援助で示したいとも考えているようで、声明の中では「この地震の被災者のために出来ることをし、援助に参加したいと思います」と語っている。

{link text="【関連記事】シャロン・ストーン、レッドカーペットで「中国の大地震はひどい行いの報い」発言" url="http://cinematoday.jp/page/N0013979"}
{link text="【関連記事】シャロン・ストーン、下着無着用!ヨット上で謎の男性と…?" url="http://cinematoday.jp/page/N0013917"}
{link text="【関連記事】シャロン・ストーン、歳は50でも体はハタチ?" url="http://cinematoday.jp/page/N0010633"}


キーワード

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2008年
  3. 6月
  4. 3日
  5. シャロン・ストーン、「地震は報い」発言で謝罪