シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

三谷幸喜監督に独占インタビュー!『ザ・マジックアワー』はここに注目!(1/2)

三谷幸喜監督に独占インタビュー!『ザ・マジックアワー』はここに注目!
みんな観てね!

 演劇、ドラマ、そして映画と幅広いジャンルで最高のエンターテインメント作品を作ってきた三谷幸喜が、脚本と監督を手掛けた最新映画『ザ・マジックアワー』。いつもはシブい佐藤浩市が究極の変顔を披露し、最高のドタバタ演技を見せる本作は、早くも三谷作品史上最高の面白さ! と話題を集めている。公開初日を明日に控えた三谷監督に、作品の魅力を語ってもらった。{link text="【関連写真はこちら】" url="http://cinematoday.jp/movie/T0005898"}

 まるで往年のハリウッド・コメディーをほうふつとさせるような華やかな雰囲気で始まる『ザ・マジックアワー』。そんな本作の背景には、三谷監督本人の洋画好きも関係しているようだ。

 「僕は昔洋画がすごく好きだったんです。日常とはまったくかけ離れた、全然違う世界に連れて行ってくれるから。でも邦画だって、それができないわけじゃない。僕が作らなければいけないのは、日常からちょっとだけかけ離れた、非日常的な、アンリアルな不思議な世界を作ろうという気持ちが大きかったんですよね。だから、この映画は普段邦画を観ないような方に観てもらいたいなって思うんです」

 確かにポップコーンを抱えて劇場で大笑いしているアメリカの観客と違い、日本の観客は、号泣や感動というものを好みがちだ。そんな日本人が楽しむコメディーを作る難しさはどこにあるのだろうか。

 「2時間大笑いする映画って観たことない。でもそれって舞台だとあるんですよね。舞台でできて、映画でできないことはないだろうと思って作ることを決めたんですが、実際はとても難しい。舞台はお客さんが目の前にいるから、お客さんの反応を見ながら作れるけど、映画はそういうわけにはいかない。1年後のお客さんを想定しながら作らなければいけないので大変でした」

 スクリーンの前の観客を思いながら作ったという三谷監督だが、現場はとにかく楽しんだそうだ。

 「今回の作品は本当に面白くて、監督しながら現場でいつも笑っていましたね。脚本を書きながらも、大笑いしちゃうことがあったんです。それが、今度現場で役者さんが話しているのを聞いたらさらにおかしくて。本当に楽しかったですね」

 本作では、佐藤が今まで見せたことのないようなぶっ飛んだ演技で笑わせてくれるが、最後にもう一つの楽しみ方を、三谷監督がこっそり教えてくれた。

 「役者さんの細かい演技が面白いんですよ。僕は、佐藤さんがすごい面白いセリフを言ったりしているシーンで、マフィア役を演じている寺島進さんの細か~い演技が好きです。実は、かなり微妙に面白い表情をしているので、寺島さんのカットはつい笑ってしまうことが多かったですね。そういうところもぜひ、楽しんでもらいたいですね!」


キーワード

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • ザ・マジックアワー from 風我 (2008年6月17日 23時20分)
    太陽が消えてから、 周囲が暗くなるまでのほんの僅かな時間、 それがマジックアワーだ。 鬼才 三谷幸喜が描く、観た事も無い怒濤のエンターテインメント! 港町 守加護。備後登(妻夫木聡)は、街のホテルの一室で高千穂マリ(深津絵里)との時を過ごしていた。.. ...[外部サイトの続きを読む]
  • 「ザ・マジックアワー」 見た from 日本サッカーホールディングス (2008年6月10日 0時39分)
    これでもか!というくらいの三谷幸喜&佐藤浩市の テレビ出演による宣伝の賜か、かなりの人気で 人がいっぱい入っていました。 プロモーション効果が上がったのでは。 泣いて笑ってドキドキさせる劇中劇 突っ込まれそうな部分は全部"笑いどころ"として 処理する力量には目を見張るものがあります。 設定している雰囲気がレトロっぽい感じが 馴染めないのではという心配もいつの間にか忘れ すっかりのめり込んでしまいました。 息切れさせないストーリーテリング しつこいくらいのあざ ...[外部サイトの続きを読む]
  • 映画「ザ・マジックアワー」 観てきました。三谷幸喜監督最新作 from THE有頂天ブログ (2008年6月8日 18時29分)
    ザ・マジックアワー  (2008年6月7日公開 全国東宝系 / 公式サイト) 公開初日の昨日の夜、観てきました。 三谷幸喜監督映画最新作「ザ・マジックアワー」。 架空の港町・守加護を舞台に繰り広げられるコメディー。 一応、舞台は日本なんだけど、作品全体にレトロな外国映画のような雰囲気が流れていて、そのへんはビリー・ワイルダーをはじめとした作品の影響を受けている三谷監督らしいなぁと思いました。 いままで映画館で観たどの映画よりも観客の笑い声が一番大きく、そして多かったのが非 ...[外部サイトの続きを読む]
  • 【話題】テレビの三谷幸喜監督を見て from Do You Like Movie Trailers? (2008年6月7日 0時15分)
    平日の朝、出勤前のひと時には、なるべく当たり障りのない番組にテレビのチャンネルを合わせて、一息ついてから出かけます。 今朝もそんな感... ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2008年
  3. 6月
  4. 6日
  5. 三谷幸喜監督に独占インタビュー!『ザ・マジックアワー』はここに注目!