シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

ウェズリー・スナイプス、有罪になっても出国を許される

ウェズリー・スナイプス、有罪になっても出国を許される
ウェズリー・スナイプス - Tim Boyles / Getty Images

 所得税の虚偽申告を行ったとして禁固3年の実刑を言い渡されたウェズリー・スナイプスだが、映画の仕事のため海外へ出かけることが許可された。スナイプスは、1996年と97年に支払った所得税から、不法に払い戻しを受けようとして起訴され、無罪を主張していたが、今年2月に有罪判決が出され、4月には求刑どおりの禁固3年が言い渡された。スナイプスは上訴の間、金を払って保釈されており、今回、連邦判事はスナイプスが映画『ガロウウォーカー』(原題)の仕上げ作業のためにイギリスへ3日間、また『チェイシング・ザ・ドラゴン』(原題)の撮影のためにタイへ8週間行くことを許可した。


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2008年
  3. 7月
  4. 8日
  5. ウェズリー・スナイプス、有罪になっても出国を許される