シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

ジャスティン・ロング、別れたドリュー・バリモアの監督デビュー作品を降板

ジャスティン・ロング、別れたドリュー・バリモアの監督デビュー作品を降板
ジャスティン・ロング - Jason Merritt / filmmagic.com

 ドリュー・バリモアと別れてしまったジャスティン・ロングが、元カノと仕事をするのはつらいと新作映画『ホイップ・イット!』(原題)を降板した。

 この映画はドリューの劇場長編映画監督デビュー作品で、自身も出演するほか、エレン・ペイジ、ジュリエット・ルイス、マーシャ・ゲイ・ハーデンなどの出演も決まっている。ジャスティンの関係者は、「恋人として一緒にいれないのに、仕事で顔を合わせるのはつらすぎるようだ。ドリューがジャスティンを捨てたからね。

 動揺して映画を降板するしかなかったみたいだ」とE!オンラインに語った。ただ、ジャスティンの出演は決定したものではなかったらしく、制作スケジュールに影響はない見通しだ。


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2008年
  3. 8月
  4. 1日
  5. ジャスティン・ロング、別れたドリュー・バリモアの監督デビュー作品を降板