シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

「ビバリーヒルズ高校白書」のデビッド、バットマンのリドラー役に立候補

「ビバリーヒルズ高校白書」のデビッド、バットマンのリドラー役に立候補
『バットマン フォーエヴァー』でリドラーを演じたのはジム・キャリーでした。-ブライアン・オースティン・グリーン- - Steve Granitz / wireimage.com

 今なお人気のTVシリーズ「ビバリーヒルズ高校白書」のデビッド役で知られるブライアン・オースティン・グリーンが、リドラー役に立候補している。『バットマン ビギンズ』、『ダークナイト』に続く新しいバットマン映画の悪役として登場がうわさされているリドラー役に関して、グリーンがMTVに語った。「ぜひ、リドラー役をやりたいね!」と熱く語るグリーンは、ジョーカー役を演じたヒース・レジャーについてもコメントし、「僕は、製作陣がジョーカー役に代役を立てないことを神に祈っているんだ。ヒースはジョーカー役で『バットマン』映画を新しいレベルへ向上させてくれたんだ。コミックファンも映画ファンも両方楽しめる素晴らしいレベルにね」と絶賛した。

 グリーンは現在、TVシリーズ「ターミネーター: ザ・サラ・コナー・クロニクルズ」(原題)へ出演し、デレク・リース役を演じている。デレクは、映画『ターミネーター』でマイケル・ビーンが演じたカイル・リースの兄弟で、ジョン・コナーの叔父にあたる人物だ。TVシリーズは、レナ・ヘディ演じるサラ・コナーとトーマス・デッカー演じるジョン・コナー親子を中心に、新たなターミネーターから逃げながら人類破滅の日を阻止しようとするストーリーだ。


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • サラクロの中の日本:Japan in Terminator Sarah Connor Chronicles from ターミネーター サラ コナー クロニクルズは日本人が救おう! (2009年7月13日 3時9分)
    「ターミネーター・サラ・コナー・クロニクルズ」を観ていて、なんだか「やたらチラホラと日本が登場してくるなー」と思った方、多いのでは。なので、なんとなくまとめてみました...海外、特に欧米圏での公教育(小中高校など)での組織だった日本語教育というのは、1990年代・バブル崩壊以降は衰退(=日本語学習人気の衰退)気味ですが、その一方で、サブカルチャー(日本のアニメやマンガ、ポップスなど)での浸透はジワジワと進行していて、「Sarah Connor Chronicles」でもその浸透ぶりの一端が現れていると言えま ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2008年
  3. 9月
  4. 5日
  5. 「ビバリーヒルズ高校白書」のデビッド、バットマンのリドラー役に立候補