シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

北島康介も飛び入り!北京のメダリストらがハリウッドスターと爆笑トーク

北島康介も飛び入り!北京のメダリストらがハリウッドスターと爆笑トーク
北京オリンピックメダリストとロバート・ダウニー・Jr

 4日、東京国際フォーラムにて、映画『アイアンマン』のジャパンプレミアが行われ、来日した主演のロバート・ダウニー・Jrが登壇。北島康介ら、ゲストとして登場した北京オリンピックのメダリストたちと爆笑トークを繰り広げた。

 今回15年ぶりの来日となったロバート。「15年前にはこんなにファンは来てくれなかったよ」「スタジオ側は最初、わたしにアイアンマンをやらせたくなかったそうだよ」と自虐的なコメントを連発。そうかと思うと、アイアンマンに対抗するべく、神経信号を感知して筋肉の動きを制御する世界初のロボットスーツHALが登場すると、「ワオ! ちょっと質問していいかい? 着心地は?」と自ら質問した上で、「でも、(アイアンマンのように)空は飛べないだろう?」とアイアンマンを自慢してみせたりと、サービス精神旺盛なコメントの数々で会場を沸かせた。

 さらに、ゲストとして登場した北京オリンピック金メダリストの内柴正人(柔道)、銀メダリストの太田雄貴(フェンシング)、銅メダリストの松田丈志(競泳)たちと、Q&Aを実施。内柴の「映画を観て、お子さんは何と言っていましたか?」との質問には、「『バカげてるよ、パパ』って言われちゃったんだよね」と苦笑いを浮かべ、「僕は就職活動中。社長にもあこがれているんですが、社長を演じた気分は?」という太田には、「そりゃ、言葉では言い表せないよ。権力、栄光……ま、映画での話だけど」と一人ノリツッコミ。「最近の水着は、着るのに30分もかかるんですが、パワードスーツ着心地はどうなんですか?」という松田の質問には、「まぁまぁだね。トイレに行くのが大変で。でも、プールの中だったら問題ないよな」とまさかのアドバイスまで飛び出した。

 急きょ、飛び入り参加した北島は、質問を用意する時間がなかったのか、「日本でも金メダル級のヒットをするように願ってます」と、エールを送るにとどまったが、金・銀・銅メダリストとの共演に、ロバートは「自分こそがアイアンマンだ!」とポーズを決めるほど興奮した様子を見せて、「この映画が気に入らない人がいたら、ちょっとどうかしてると思うね。でも、僕も変な方だから、そういう人とは気が合うと思うよ」とアピールして会場を後にしていった。

 映画『アイアンマン』は、映画『スパイダーマン』シリーズなどでおなじみのマーベル・コミックを実写映画化。パワードスーツを開発した男(ロバート)が、悪に立ち向かう姿を描いたアクション超大作。

映画『アイアンマン』は9月27日より日劇3ほかにて全国公開


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2008年
  3. 9月
  4. 5日
  5. 北島康介も飛び入り!北京のメダリストらがハリウッドスターと爆笑トーク