シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

オダギリジョーが中国語やポルトガル語で熱演のコンペ作上映【第65回ヴェネチア国際映画祭】

オダギリジョーが中国語やポルトガル語で熱演のコンペ作上映
ユー・リクワァイ監督と、オダギリジョー夫人の香椎由宇にちょっと似ている共演女優ホァン・イー - 写真:中山治美

 俳優オダギリジョーが主演した、ブラジル・中国・日本合作のコンペティション作品『PLASTIC CITY』が現地時間30日、ワールドプレミア上映された。オダギリは現在、中国の田壮壮(ティエン・チュアンチュアン)監督作『狼災紀(The Warrior and The Wolf)』の撮影を中国で行っており、現地入りしなかった。

 同作品はブラジルを舞台に、闇稼業を取り仕切るチャイニーズ・マフィアのユダ(アンソニー・ウォン)&養子のキリン(オダギリ)が、政治家や地元マフィアたちとの血で血を洗う抗争を描いたハードボイルド。オダギリ
は劇中、中国語やポルトガル語を駆使して熱演している。

 オダギリを抜てきした理由について、ユー・リクウァイ監督は「黒沢清監督の『アカルイミライ』と『血と骨』を観たんだ。いずれも難役をこなしていてたのが印象に残り、この脚本も彼をイメージしながら書いたほどだよ。今回は確かに異国での撮影に中国語など、彼にとってハンディキャップが多々あったが、彼はアジアの中でもすごくモダンで才能のある俳優だと言えるね」と絶賛した。

 しかし映画は、「舞台背景が複雑で分かりにくい」(中国人記者)など、記者からは手厳しい評価が多かった。(取材・文:中山治美)


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2008年
  3. 8月
  4. 31日
  5. オダギリジョーが中国語やポルトガル語で熱演のコンペ作上映