シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

イアン・マッケラン、同性愛への寛容を子供たちに説く

イアン・マッケラン、同性愛への寛容を子供たちに説く
同性愛者であることを公言しているイアン・マッケラン - Eamonn McCormack / wireimage.com

 自ら同性愛者であることを公言しているイアン・マッケランが、イギリスで小・中学校を訪れ、スタッフや生徒たちに平等の精神をアドバイスした。これは、慈善団体「ストーンウォール」の教育プログラムの一環で、子供たちに同性愛への偏見や許容について語るもの。

 今年から始まったプログラムだが、イアンは始まった当初からボランティアで参加している。ストーンウォールのスポークスマンは、子どもたちがイアンのことを「同性愛者の例」として好意的にみていると語っている。この団体が行った調査では、同性愛者である生徒たちの30%が、同性愛への偏見は教師や学校スタッフなどの大人たちのホモ嫌いに責任があると答えているほか、多くがイジメの対象となり、学業に影響していると考えていることがわかった。イアンは雑誌「アティテュード」の中で、「12、3歳の子どもたちにこういった話をすることはとても重要だ。ホモ嫌いだろうと同性愛への寛容さだろうと、彼らは何でも吸収するからね。われわれは、同性愛について肯定的に語らなければならない」と語っている。


【関連情報】
キーワード

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2008年
  3. 10月
  4. 2日
  5. イアン・マッケラン、同性愛への寛容を子供たちに説く