シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

『スウィングガールズ』の矢口監督がヒコーキ映画で少年のように目を輝かせる

『スウィングガールズ』の矢口監督がヒコーキ映画で少年のように目を輝かせる
撮影に使用したJA8096という飛行機について「今はまた世界に飛び立っていってしまったんですよ。彼女にまた会いたい」と切なそうに語った矢口監督

 映画『ウォーターボーイズ』『スウィングガールズ』など、極上のエンターテインメント作品を作り続けている矢口史靖監督に、新作映画『ハッピーフライト』について語ってもらった。飛行機に乗るのがニガテだった矢口監督を「今は飛行機がいとおしい」と飛行機大好きに変えてしまった、そんなハッピー・ヒコーキ・ムービーとは?

 「飛行機映画を観るのが大好きで、いつか飛行機の映画を作ってみたかったんです。子どものころの夢がかなったって感じです」と少年のように目を輝かせた矢口監督。2年間にわたるリサーチでは新しい発見だらけだったそうだ。例えば、パイロットが同じメニューの食事を取らないということやバードパトロールというびっくりするような職業の人がいて、ショットガンを持っているとか、天気だけを常に監視している人とか、世界中を飛んでいる自社飛行機をモニターしているというのも秘密基地みたいで、とにかく驚いてばかりだったとか。「そんな驚きの一つ一つを映画にしていった次第です(笑)」とうれしそうに語った。

 矢口監督の小さいころのあこがれの職業を聞いてみると、「仕事をするなんて思っていなかったですね」ととんでもない答えが返ってきた。「落とし穴を掘ったり、バカばっかりやっていました。今やっている映画作りって、落とし穴の延長で、生き方は多分昔とちっとも変わってないですね」とさらり。「見ず知らずの人が落とし穴に落ちたのを、落ちちゃったよ、アハハーって、陰で見ているのが好きだったんです」。といたずらっ子のように瞳をくるくると動かせるその姿は、今も少年そのもの。

 新米CA役の綾瀬はるかが、かつらのお客さんを発見してズレを直すという場面で、「天然なんでしょうね。本物のCAさんに、『皆さん、片手でやっていますか? 両手ですか?』って本気で聞いていました(笑)。田辺(誠一)さんは、見た目はかっこいいのに面白いことをやりたがりです。振り返ったらイヤホンが鼻に入っていたことがありましたね。僕? 僕は、至ってまじめですよ」とそ知らぬ顔もなぜかチャーミングに見えるから、不思議な監督だ。

 飛行機はただ乗っているだけじゃ何もわからない。今回も矢口監督のその独創的な題材とユーモアのセンスが光るすてきな作品に仕上がった。「1,800円以内で乗れる飛行機が、お近くの劇場でお客さんのご搭乗をお待ちしております」と矢口監督。矢口監督は公開中の映画館に足を何度も運び、自分の映画を観るお客さんの反応を見ているそうなので、一番後ろに一人で立っている人がいたら要チェックだ。

映画『ハッピーフライト』は11月15日より全国東宝系にて全国公開


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • ハッピーフライト■田畑智子が良かった! from 映画と出会う・世界が変わる (2008年11月25日 14時0分)
    この映画の良いところは空港の現場から離れたところにいる経営者を出すことなく、すべて現場で働く人々を丁寧に描いたところであろう。CA(キャビンアテンダント)は登場する場面も多いのだが、この映画では主役の綾瀬はるかよりはグランドスタッフの一人を演じる田畑智... ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2008年
  3. 11月
  4. 14日
  5. 『スウィングガールズ』の矢口監督がヒコーキ映画で少年のように目を輝かせる