シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

サラ・ジェシカ・パーカー、オバマ候補への1票を電話で募る

サラ・ジェシカ・パーカー、オバマ候補への1票を電話で募る
サラ・ジェシカ・パーカー

 アメリカ大統領選挙が11月4日に迫るなか、サラ・ジェシカ・パーカーがニューヨークでバラク・オバマ候補のための選挙戦に加わった。ハリウッドの有名人の中では、ジョージ・クルーニーやベン・アフレック、ジェニファー・アニストンらがオバマ候補の支持を表明しており、サラも、夫のマシュー・ブロデリックとともにオバマ支持派だ。映画『セックス・アンド・ザ・シティ』ではファッショナブルな姿を見せるサラだが、この日はオバマ候補の選挙運動スローガンでもある「CHANGE」の文字が入ったシャツを着て、胸にはオバマ候補の顔入りバッチを付けた選挙運動モード。サラは民主党事務所で受話器を握り、まだ心を決めていない有権者たちの票を獲得すべく、オバマ候補へ投票するよう説得の電話をした。


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2008年
  3. 11月
  4. 4日
  5. サラ・ジェシカ・パーカー、オバマ候補への1票を電話で募る