シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

佐藤浩市、プライベートに立ち入ってくる記者に対して大人な発言

佐藤浩市、プライベートに立ち入ってくる記者に対して大人な発言
真っ当に生きているのはマスコミのお陰?……さすがに大人な発言をする佐藤浩市

 10日、グランドハイアット東京にて、映画『誰も守ってくれない Nobody to watch over me』完成記者会見が行われ、主演の佐藤浩市、志田未来、松田龍平、石田ゆり子、佐々木蔵之介、佐野史郎、柳葉敏郎、君塚良一監督、そしてプロデューサーの亀山千広が出席した。

 マスコミやネットからバッシングを受ける、殺人犯の容疑者家族の保護をテーマに描いた本作について佐藤は「明日への希望が持てる作品になった」と出来栄えに自信をのぞかせた。そんな中、スポーツ紙の記者が出演者全員に「プライベートまで立ち入って追いかける新聞記者をどう思うか?」と答えにくい質問を投げかけた。柳葉は「最低です」とバッサリ。石田は「追いかけられてるうちが花なんじゃないかと……」と余裕を見せた。そして佐藤は「自分はふらちな男だけど、マスコミがモラルハザード(見張ってる)になっているおかげで道を踏み外さずにいられる」とユニークに語り、志田は「よくわからないです……」とポツリ。微妙な質問に困った表情で答える俳優たちのコメントからは、それぞれの個性が垣間見えた。

 『誰も守ってくれない Nobody to watch over me』は、ヒット作『踊る大捜査線』シリーズのスタッフが再び集結した社会派作品。殺人容疑者の家族と彼らを守る警察、それを取り巻くマスコミやネット社会をセミドキュメンタリータッチで描く。第32回モントリオール世界映画祭で最優秀脚本賞を受賞した話題作だ。

映画『誰も守ってくれない Nobody to watch over me』は2009年1月24日より全国東宝系にて全国公開


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • 試写会「誰も守ってくれない」鑑賞 from 温泉ソムリエの映画な日常 (2009年1月21日 18時22分)
    「殺人犯の妹となった少女と彼女を守る刑事の逃避行が始まる──。」 ★☆☆☆☆~★★★★★ 佐藤浩市・志田未来ファンは是非 2008/1/24から全国東宝系で公開予定です。 「誰も守ってくれない」 http://dare-mamo.jp/ ストーリーは、殺人犯の妹を守る刑事が、「殺人犯の.. ...[外部サイトの続きを読む]
  • 『誰も守ってくれない』完成披露試写会@TOHOシネマズ六本木ヒルズ from |あんぱ的日々放談|∇ ̄●)ο (2008年11月23日 22時46分)
    キャストが来なきゃ映画を見る気がしない(爆)「レッツハンサム!」からあまりインターバルを空けず、またまた舞台挨拶へ行ったのだが、忙しくてUP出来ず2週間が経過・・・ドラマ化まで決まってた(爆)今回の舞台挨拶レポは、11/10に行われた第32回モントリオール世界映... ...[外部サイトの続きを読む]
  • 『誰も守ってくれない/Nobody to watch over me』―池袋から伊豆、そして、「光」へ。 from トーキョーワッショイ - 東京人が一番見たい東京ネタ (2008年11月13日 3時13分)
    「好奇心」というものの、残虐性。 ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2008年
  3. 11月
  4. 11日
  5. 佐藤浩市、プライベートに立ち入ってくる記者に対して大人な発言