シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

結婚はまだまだお預けのクワバタオハラ、「3のつく数字」がキー?

結婚はまだまだお預けのクワバタオハラ、「3のつく数字」がキー?
なぜか腹を出す、くわばたりえ

 12日、GAGA試写室にて映画『ブロークン』の公開を記念してお笑いコンビ、クワバタオハラのくわばたりえと小原正子によるトークショーイベントが行われた。

 監督のショーン・エリスはファッション写真家として活躍し、ビジュアリストとして名高いことから、女性芸人の中で最もビジュアルが美しい(?)クワバタオハラがゲストとして抜てき。この日、クワバタオハラは、映画の重要なアイテムとして登場する鏡にちなんで、鏡占い師に未来を占ってもらった。

 「鏡の上に手を当ててお名前と年齢をお願いします」と言われたくわばたは「黒木瞳。32歳」と即答し、小原からは激しいブーイングが。占い師から「ワクワクしたことが年末に起こります!」と予言されて有頂天になった直後に「寂しい思いをしているでしょ?」とグサリと言われてしまったくわばた。赤ちゃんのぬいぐるみをなぜか3個も持っていることを小原に暴露されるも、占い師の「ぬいぐるみに一日の出来事を報告するとエネルギーがもらえます」とのナイスフォローに満面の笑みを浮かべた。
 
 三十路(みそじ)を過ぎた二人が一番気になる結婚時期に関しては「3の数字が見えています。2、3年のうちには結婚できるかも」と言われ、徐々に真剣な表情になるくわばたは「先生、軽いことは言わないで~」と連発。占い師から胸と肩をもみほぐすと理想の相手が見つかると最終アドバイスを受けたくわばたは、「えっ、もむって?」と納得がいかない様子だった。一方の小原は現在お付き合いしている男性とは1年以上順調な交際を続けているそうで、余裕の表情を浮かべていた。

 『ブロークン』は、主人公のジーナ(レナ・ヘディ)がパーティーの最中に突然鏡が割れ落ち、それ以来自分にそっくりな人物に遭遇するなど数奇な運命に翻弄(ほんろう)されるサスペンス・ミステリー。

映画『ブロークン』は11月15日よりテアトルタイムズスクエアほかにて全国公開


【関連情報】
関連作品

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2008年
  3. 11月
  4. 13日
  5. 結婚はまだまだお預けのクワバタオハラ、「3のつく数字」がキー?