シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

ジェイソン・ステイサム独占インタビュー!「人が死ぬのをわざわざ観るのはビョーキだね!」(1/2)

ジェイソン・ステイサム独占インタビュー!「人が死ぬのをわざわざ観るのはビョーキだね!」
シブイ! ジェイソン・ステイサム……36歳

 脱獄不可能の刑務所で繰り広げられる、“死のレース”へ出場を決意する男の試練を描くアクション・ムービー『デス・レース』。インディペンデント映画で有名な、ロジャー・コーマンが手掛けた1975年の『デス・レース2000年』を『バイオハザード』シリーズのポール・W・S・アンダーソン監督が現代的なアレンジでリメイクした。本作で主演を務めたジェイソン・ステイサムに話を聞いた。

Q:この映画はオリジナル版とはぜんぜん違いますね。
オリジナルは観てないんだよ

Q:観てない人は何人かいらっしゃるみたいで……イアン・マクシェーンもですが、ジョーン・アレンも観てないようですね。
あ、そうなの? 観てないの、おれだけかと思ったよ。というか、観るなと言われたんだ。本当は観たほうがいいんじゃないかと思ったんだけどね。だって、ポールに初めて会うんだしさ。リメイクを撮るって言われてたけど、実際はリメイクという感じじゃなくて、ヒントだけもらった感じだね。だから、ほんとは映画を観たほうがいいんじゃないかと思って、会ったとき言ったんだ。「あのさ、ポール、その映画観てないんだよ」って。そしたら、「ああ、よかった。ロジャー(・コーマン)がやったのを参考にしてほしくないんだ。僕たちなりの映画を撮りたいからね」って言われてね。

Q:この映画では、こういうエンターテインメント中心の社会が近い将来来るという可能性をほのめかしてるんですか?
よくそういう質問を受ける。そんなにおれたち、病んでるかな? そんな極端な世の中になると思う?(笑)生きてる限り、そうならないと願いたいね。

Q:われわれがそういう方向に進んでるのは間違いないと思います。(ちょっとジェイソンが言葉をはさんで)これは究極の疑問ですが、人が死ぬところをわざわざ観に行く人がいますかね?
わざわざ観に行くやつは、バカかビョーキだね。頭おかしいよ。ただ、わざわざ観に行く必要はないんだ。つまり、テレビをつけなければいいし、観たくなければ、コンピューターを閉じて、本でも読めばいいんだ。やめるのは簡単だよ。ただ、ローマ時代以来、こういう過激なスポーツがずっとすたれないよね。決してなくならないと思うんだ。あくまでも娯楽という名のもとにね。

Q:あなたのキャラクターはハメられたことになってますが、自分の中に悪魔が住んでて、ああいう結末を迎える運命を感じさせる部分がありますよね。
そうなんだ。彼は前科(まえ)があって、出所したんだけど、正常な部分もあって、ちゃんと奥さんも子どももいる。ところが、ある日突然、監獄に入れられる。そう、かわいそうなジェンセン・エイムズ君だ。


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • DEATH RACE(デス・レース)観に行って来ましたデス!ちらっとネタバレ注意 from DragonWoman 気になるアレ! (2008年12月3日 8時24分)
    昨日は火曜日ぃ~♪MINT(ミント)神戸の映画館ではレディースデイが毎週火曜日に実施されていて1000円なのね。でぇ~先月29日から公開されている「DEATH RACE(デス・レース)」を観に行って来たの。公開されてスグなのとレディースデイとかでいっぱいかも?と朝一の上映に駆けつけたら・・・公開早々、レイディースデイといえども朝っぱらからテンション上がりまくりぃ~な「DEATH RACE(デス・レース)」の観客はめっちゃ少ない!ホンマかいな?と言う感じ。しかも、女性はチラホラ・・・(汗)男性客の方が多かった ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2008年
  3. 11月
  4. 18日
  5. ジェイソン・ステイサム独占インタビュー!「人が死ぬのをわざわざ観るのはビョーキだね!」