シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

スカーレット・ヨハンソン、リンジー・ローハンとの不仲について語る

スカーレット・ヨハンソン、リンジー・ローハンとの不仲について語る
何とでもおっしゃい。 -スカーレット・ヨハンソン - Steve Granitz / wireimage.com

 スカーレット・ヨハンソンが雑誌アリュアのインタビューでリンジー・ローハンとの不仲について初めて語った。不仲が報じられるようになったきっかけは、2006年1月にリンジーがマンハッタンにあるバーのトイレの壁にスカーレットの悪口を書いたこと。あまりの言葉の悪さにメディアもXXXと単語を隠して報じたほどだった。

スカーレット自身、そんなことを書かれる覚えはないという。「私についてひどいことを書いたというのは知っているわ。でも私リンジーをそんなによく知らないのよ。会ったのは2、3回くらいしかない」と語る。ただ、書かれた内容を知ったときは「あなた一体何者?」と思うほどの下品さだったと言い、なにが動機かはわからないという。

スカーレットは13歳当時、リンジーが主役を射止めた映画『ファミリー・ゲーム/双子の天使』のオーディションに落ちている。しかし、その後のリンジーと、ウディ・アレンのミューズと呼ばれる現在のスカーレットの活躍ぶりには大きな差があるよう。リンジーがスカーレットに嫉妬したとの説と、事件当時のリンジーのボーイフレンドがスカーレットの元彼だったことが原因かもしれないと言われている。真相はリンジーに聞いてみないとわからなさそうだ。


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2008年
  3. 11月
  4. 20日
  5. スカーレット・ヨハンソン、リンジー・ローハンとの不仲について語る