シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

小さな大物まえだまえだ、先輩芸人・ますだおかだの真剣なアフレコに爆笑

小さな大物まえだまえだ、先輩芸人・ますだおかだの真剣なアフレコに爆笑
若手中の若手? まえだまえだ

 愛くるしい子犬たちが過酷な犬ぞりに挑戦する姿を描き、アメリカで300万本の大ヒットを記録したディズニー作品「スノー・バディーズ 小さな5匹の大冒険」のDVD日本発売が決定し、日本語版ボイスキャストを務めた2組のお笑い芸人、ますだおかだ(増田英彦、岡田圭右)とまえだまえだ(前田航基、前田旺志郎)がアフレコ会見に臨んだ。

 登場するなり「よろしくお願いしま~す……ワオッ!」とお約束のネタを披露した岡田。もちろん収録本番ではネタを封印してまじめなテンションで挑んだそうだが、まえだまえだの航基は、「岡田さんは、全然普段とちゃうかった! いつもは『閉店ガラガラ、パァ~ッ出た~!』って言うてんのに、ビビッてしまうくらい穏やかな声で、『パァ~ッ出た~!』が全然出えへんかった!」と収録を思い出して大笑い。それを聞いた岡田は、「そんなんしたら、ディズニーさんに怒られるわ!」とかわいい後輩に突っ込みを返した。

 一方の増田は、芸人の世界に入ったときから声優にあこがれていたそうで、再現アフレコでは記者やカメラマンたちをうならせる巧みな悪役声を熱演。関西人だけに、本番で苦労したのは4人とも標準語のせりふとのことで、増田は「まえだまえだは天才で、5日間の収録予定を3日で終わらせました。岡田は3時間の予定が6時間! 『じゃあね』の一言に1時間かかりました」とふがいない相方の収録模様を暴露。すると航基は「家ではみんな大阪弁やから、誰に聞いても正しい(標準語)かどうかわからへんからな!」と9歳にして先輩芸人をフォローする大物ぶりを見せ付けた。

 「スノー・バディーズ 小さな5匹の大冒険」は、ひょんなことからアラスカの大地に降り立った5匹のゴールデンレトリバーの子犬たちが、過酷な犬ぞりレースに挑むアドベンチャー。

DVD「スノー・バディーズ 小さな5匹の大冒険」は2009年1月21日よりウォルト ディズニー スタジオ ホーム エンターテイメントから発売(税込み:3,360円)


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2008年
  3. 11月
  4. 27日
  5. 小さな大物まえだまえだ、先輩芸人・ますだおかだの真剣なアフレコに爆笑