シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

峰岸徹さん、ヨットに乗って天国へ…500人の仲間に見送られながら

峰岸徹さん、ヨットに乗って天国へ…500人の仲間に見送られながら
峰岸徹さん、思い出の品々

 15日、ザ・プリンス パークタワー東京で今年10月に急逝した故・峰岸徹さんの「お別れの会」が開催され、発起人である大林宣彦監督や古谷一行、中尾彬ら俳優仲間、さらにトライアスロン仲間ら生前親交があった500人が参列した。

 大海原を進むヨットをイメージをした祭壇は、製作期間が1週間。4,000個のバルーンが使用され、数年前に撮影された遺影をヨットの帆に見立てるという、ヨット好きだった峰岸さんにぴったりの祭壇となった。「本当は(年齢的に)順序が違うんですが……」と前置きした大林監督は「海が大好きな男でしたからね。今日は明るく楽しく、彼を送り出したい」とお別れの会についてコメント。峰岸さんの遺作となった映画『その日のまえに』の撮影を振り返りながら「病床に伏せているところを“撮影見舞い”と押しかけたが、撮影はすべて一発OKだった。最後に見せてくれた笑顔が忘れられない」と語り、「これから70歳、80歳と誰もが見たことのない俳優になれたはず。正直つらい」と早過ぎる死を惜しんでいた。

 しかしこの日開催されたお別れの会は、大林監督の「明るく楽しく、彼を送り出したい」という言葉通り、涙ながらに故人をしのぶというよりは、大好きだった友人を笑顔で見送りたいという温かな雰囲気に。会場には生前乗っていたトライアスロンの自転車をはじめ、出演作のポスターや衣装といった遺品が並び、その周りではかつての仲間たちが懐かしそうに談笑する姿があちこちで見受けられた。お別れの会が明るい空気に包まれるのも、生前の峰岸さんの人柄があってこそだろう。祭壇に飾られた峰岸さんの笑顔も、一層輝いているように見えた。


【関連情報】
関連作品

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • その日のまえに / 永作博美 / 南原清隆 from DVDな奴等 (2009年3月28日 18時42分)
    ある日突然病に倒れ余命宣告された妻が、夫と子供たちと共に“その日”までを懸命に生きる様を描いた人間群像ドラマ!健大はデザイン事務所を営む売れっ子イラストレーター。妻・とし子は売れない時代から支え続けてくれた良きパートナーで、育ち盛りの息子2人の子育てに奮闘中。ある日、体の不調を訴えたとし子は検査の結果、突然の余命宣告を受ける。明日を断ち切られた二人は…。 「その日」までを 「その日」のあとを どう生きるか?売れっ子イラストレーターで、デザイン事務所を経営す... ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2008年
  3. 12月
  4. 16日
  5. 峰岸徹さん、ヨットに乗って天国へ…500人の仲間に見送られながら