シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

『フォー・クリスマス』が2週連続1位に!シーズンものは強し!-12月8日版【全米ボックスオフィス考】(1/2)

『フォー・クリスマス』が2週連続1位に!シーズンものは強し!-12月8日版
『フォー・クリスマス』プレミアに登場したリース・ウィザースプーン - Jon Kopaloff / FilmMagic

 食傷気味のサンクスギビング(感謝祭)も過ぎ、今週末の全米興行収入は予想通り大きな変動もなく、第1位も先週と同じ映画『フォー・クリスマス』(原題)に決定した。

 今週は1,818万ドル(約18億1,800万円)を記録した同作品は、先週と比べて収入額は41.5%の下降。どんな作品であっても、2週目は下降するものの50%未満の下降というのは安泰のカテゴリーに入る。

 続いての2位は先週の3位から返り咲いたティーン・バンパイア映画『トワイライト~初恋~』で、推定興行収入1,320万ドル(約13億2,000万円)。同作品でヒロインのベラを演じたクリステン・スチュワートが、1980年代の人気ロックバンド、ザ・ランナウェイズの衰退を扱った映画『ザ・ランナウェイズ』(原題)にてボーカリストで主役のジョーン・ジェットを務めることになり、こちらも話題を集めている。

 第3位はディズニーアニメの映画『ボルト』(原題)。先週の売り上げに比べて驚きの64%の下げ幅となり、推定970万ドル(約9億7,000万円)の売り上げとなった。今年の秋と冬にディズニーは、実写のワンちゃん映画『ビバリーヒルズ・チワワ』(原題)も公開しており、『ボルト』(原題)も主人公が犬ということで、ディズニーと犬のコンビネーションがファンの間で“犬疲れ”を招いたのかもしれない。

 今週4位は700万ドル(約7億ドル)の興行収入でニコール・キッドマンと、ヒュー・ジャックマン主演の映画『オーストラリア』。製作会社の20世紀フォックス側が豪語するように、息の長いロングランにつながるかどうか、これからが正念場となる超大作である。

 そして今週の5位を飾ったのは、正にロングランの領域に達してきている映画『007/慰めの報酬』で、660万ドル(約6億6,000万円)。今週の世界ランキングでは映画『マダガスカル2』に王座を譲ったものの、依然として堂々の2位となっており、場合によっては1位に返り咲く可能性も十分残されている。ちなみに今週の『マダガスカル2』のランキングは、第6位だった。

 今週公開されたマーベル・コミックのアクションヒーローものの映画『パニッシャー:ウォー・ゾーン』(原題)は2,508件もの劇場で公開したにもかかわらず、400万ドル(約4億円)の売り上げという残念な結果に終わった。同作品で、2004年に1週目売り上げ1,380万ドル(約13億8,000万円)を記録した第1作目の映画『パニッシャー』を上回る、大々的カムバックを目指そうというマーベルのゴールは、はかなく消え去ってしまった。


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2008年
  3. 12月
  4. 8日
  5. 『フォー・クリスマス』が2週連続1位に!シーズンものは強し!-12月8日版