シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

全米で大ヒット中の『トワイライト』続編は監督交代!

全米で大ヒット中の『トワイライト』続編は監督交代!
キャサリン・ハードウィック - Alberto E. Rodriguez / Getty Images

 ステファニー・メイヤーのヤング・アダルト・ヴァンパイア小説を映画化した注目作『トワイライト~初恋~』が全米で驚異的な大ヒットをしているが、ここにきて監督交代のニュースが届いた。1作目にあたる『トワイライト~初恋~』でメガホンを取ったキャサリン・ハードウィック監督は、次回作『ニュームーン』(原題)でメガホンを取らないと同シリーズの制作会社であるサミット・エンターテイメントが正式に発表した。サミットが公式に発表している降板理由は二つあり、一つは監督とスタジオ側で続編に対するビジョンが異なったためであるということ。もう一つの理由は続編の公開時期は2009年末か2010年初めを見込んでいて、キャサリン監督が続編の製作を開始するために十分な時間がないためだそうだ。

 キャサリン監督は、「スケジュールの問題で、残念ながらわたしは次回作を監督することができません」とコメントし、「『トワイライト~初恋~』を監督できたことはわたしの人生の素晴らしい経験の一つです」と同作のファンに対して感謝の言葉と、サミットに対して激励の言葉を述べた。

 スタジオ側とキャサリン監督のコメントから友好的に監督降板が行われたのかと思われるが、監督降板のニュースをいち早く報道したDeadline Hollywoodは、キャサリン監督はクビにされたのではと伝えている。『トワイライト~初恋~』撮影時のキャサリン監督は扱いにくく理不尽だったそうで、スタジオ側はキャサリン監督のことを嫌っていたそうだ。実際、この正式発表の1週間前にキャサリン監督はメディアに対して続編を監督すると明言しており、続編のビジョンを熱く語っていた。

 クビにされたかどうかはわからないが、次回作映画『ニュームーン』(原題)にあたる原作第2期のストーリーの映像化に関しては、スタジオ側もキャサリン監督も強い意見を持っていたようで、ロバート・パティンソン演じる吸血鬼のエドワードが去った後に抜け殻状態になったベラ(クリステン・スチュワート)の描き方や、2期のエンディングまでエドワードが登場しないこと、人気の吸血鬼一族より人狼たちがメインで登場することに対して考え方が違ったようだ。

 大ヒットしている『トワイライト~初恋~』だが、批評家と原作未読の観客からはあまり評価されてなく、今回の大ヒットは原作ファンのみのマニア受け映画ではないかともいわれている。次回作『ニュームーン』(原題)がヒットするかで、この映画の真価が問われそうだ。


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2008年
  3. 12月
  4. 15日
  5. 全米で大ヒット中の『トワイライト』続編は監督交代!