シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

マイケル・ジャクソン、「肺の病気」はデマ

マイケル・ジャクソン、「肺の病気」はデマ
僕は元気だよ−マイケル・ジャクソン - Homero Tercero / FilmMagic

 マイケル・ジャクソンが、呼吸器系の難病を抱え肺の移植手術が必要だと報道された件で、マイケルのスポークスマンは声明の中でこれを正式に否定した。

 この報道は、マイケルの非公式伝記を執筆したイアン・ハルペリン氏が、サンデー・エクスプレス紙のインタビューの中でマイケルが血液と肺の病気にかかっていると語ったもので、報道では、マイケルは内出血と肺気腫に苦しんでおり、左目の視力は95%が失われている、と伝えられた。しかし、医師によるとマイケルは健康で、ワールド・ツアーさえ予定しているとのことで、移植が必要な病気にはかかっていないと、報道を否定した。


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • スピッツ三輪テツヤが肺がん手術 (画像・動画) from 芸能マキシマム (2009年6月26日 21時58分)
    人気音楽グループ スピッツのギタリスト三輪テツヤが、 2006年春に肺がんと診断され手術を受けていたことを、 ファンクラブの会報で明らか... ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2008年
  3. 12月
  4. 31日
  5. マイケル・ジャクソン、「肺の病気」はデマ