シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

熟女美!松坂慶子、胸元あいたセクシードレス姿で登場!ダイナマイトボディーに視線集中

熟女美!松坂慶子、胸元あいたセクシードレス姿で登場!ダイナマイトボディーに視線集中
熟女美を振りまく松坂慶子

 17日、映画『大阪ハムレット』が公開初日を迎え、光石富士朗監督、主演の松坂慶子、岸部一徳、そして森田直幸、久野雅弘、大塚智哉がシネスイッチ銀座で舞台あいさつを行った。

 胸元が広く開いたドレス姿で登場し、迫力あるダイナマイトボディーを披露した松坂。「熱意あふれる光石監督のもと、バイタリティーあふれる大阪のお母ちゃんを演じることができ、とても楽しかったです」とあいさつした。映画の中では3人の男の子の母親という設定。子ども役の俳優たちとは本当の親子のように親しくなれたそうで、舞台あいさつの壇上でも、彼らが何か話すたびに温かいまなざしで見守っていた。三男を演じた大塚は「松坂さんも岸部さんも大スターなので初めは緊張したけど、全然偉そうじゃなくて。ほんわか優しくて。安心して(演技が)できました」とニッコリ。岸部からは、「現場で松坂さんの姿を見ていたら、僕も松坂さんの子どもになって、甘えてみたくなりました」ときわどい発言が飛び出し、会場の笑いを誘った。

 岸部は本作で、東京国際映画祭の日本映画・ある視点部門の特別賞を受賞。いい人か悪い人かわからないが、不思議な魅力を持つ孝則を演じた感想を聞かれると、「今までいろいろな役をやってきましたが、この役が一番、素の自分に近くて理想的というか、楽でしたね」とひょうひょうと話していた。

 本作は森下裕美の人気コミックを実写映画化。悩みを抱える個性豊かな3兄弟(森田、久野、大塚)と、彼らを温かく包み込む肝っ玉母さん(松坂)、そしてそこに同居するおっちゃん(岸部)が織り成す、笑いと涙のドラマを描いている。

映画『大阪ハムレット』はシネスイッチ銀座、シネ・リーブル池袋ほかにて全国公開中


【関連情報】
関連作品

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • 松坂慶子っておいくつナリか? from 今日あった話題の出来事 (2009年1月20日 0時18分)
    熟女美!松坂慶子、胸元あいたセクシードレス姿で登場!ダイナマイトボディに視線集中 胸元が広く開いたドレス姿で登場し、迫力あるダイナマイトボディを披露した松坂。「熱意あふれる光石監督のもと、バイタリティーあふれる大阪のお母ちゃんを演じることができ、とても楽しかったです」とあいさつしたナリ。映画の中では3人の男の子の母親という設定。子ども役の俳優たちとは本当の親子のように親しくなれたそうで、舞台あいさつの壇上でも、彼らが何か話すたびに温かい眼差しで見守っていたナリ。三男を演じた大塚は「松坂さんも岸部さんも大 ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2009年
  3. 1月
  4. 19日
  5. 熟女美!松坂慶子、胸元あいたセクシードレス姿で登場!ダイナマイトボディーに視線集中