シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

女が観るエロチック映画とは?官能映画で女力を上げる方法

女が観るエロチック映画とは?官能映画で女力を上げる方法
映画『レディ・チャタレー[R-15指定版]』より

 寒い季節と寂しさで「人恋しい……」とついついため息が漏れてしまう夜には、官能映画を楽しみながら女力を上げる方法があるので紹介しよう。

 この方法は、まず形から入ることが重要だ。友だちを呼んでワイワイと官能映画を観るのではなく、一人でじっくりと腰をすえて観賞し、官能の世界と向き合う姿勢が大切。まずは一日の疲れをお風呂で落とし、ワインというエロスのガソリンを体に注入すれば、準備は万端。火事に注意し、キャンドルでムードを出せば効果倍増に違いない。

 選ぶ作品も大胆に、例えば倒錯的官能を描いた映画『ボディ・ダブル』がおすすめだ。最近では映画『ブラック・ダリア』など、スターを起用しての異色サスペンス映画を得意とするブライアン・デ・パルマ監督が初期に手掛けたエロチック・スリラーの本作。アルフレッド・ヒッチコック監督を敬愛するデ・パルマ監督が同監督の傑作サスペンス映画『裏窓』をモチーフに、美女のぞきという禁断の行為から主人公が恐怖の事件へと巻き込まれていく様を描いていく。恐怖はイヤ! という方には金字塔的古典エロス小説「チャタレー夫人の恋人」を女流監督パスカル・フェランが繊細(せんさい)かつ大胆に描いた映画『レディ・チャタレー[R-15指定版]』で女力を上げるのはいかがだろうか? 野外セックスというアブノーマルな愛の形を描くも、セザール賞では5部門を受賞するなど作品の評価は高い。

 官能だけじゃなく、イケメンも! という貪欲(どんよく)な方は、映画『ザ・レスラー』(原題)でゴールデン・グローブ賞最優秀主演男優賞(ドラマ)を受賞し、カムバックしたミッキー・ローク主演の映画『エンゼル・ハート』や、実生活でブリトニー・スピアーズやキャメロン・ディアス、スカーレット・ヨハンソンら美女をとりこにした人気歌手ジャスティン・ティンバーレイク出演の映画『ブラック・スネーク・モーン』などがおすすめ。

 この方法で、女力を上げてお肌ツルツルなんてことがあるかもしれないが、くれぐれも「官能映画さえあれば幸せ!」なんてことがないように気を付けたい。

映画『レディ・チャタレー[R-15指定版]』は1月22日深夜00:00よりWOWOWにて放送


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • いい女になる為のエロチック映画とは。。 from 気になるワードを集めた私のブログ(^3^)-☆chu!! (2009年1月21日 3時22分)
    [女磨き] ブログ村キーワード いい女になる為のエロチック映画とは。。 バレンタイデーが近づいて来ると決まって、私の周りの女子達の話題... ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2009年
  3. 1月
  4. 20日
  5. 女が観るエロチック映画とは?官能映画で女力を上げる方法