シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

「ヴェロニカ・マーズ」映画化に向けて始動

「ヴェロニカ・マーズ」映画化に向けて始動
クリステン・ベル - Lester Cohen / WireImage / Getty Images

 クリステン・ベルが、高校生探偵のヴェロニカ・マーズを演じる人気海外ドラマ「ヴェロニカ・マーズ」。以前からうわさがあった映画版に関して、同シリーズの製作総指揮を務めるロブ・トーマスが映画サイトBuzzSugarのインタビューで答えた。テレビドラマ「ビバリーヒルズ高校白書」をリメイクした新ドラマ「90210」(原題)の脚本や新ドラマ「キューピッド」(原題)の製作にかかわり多忙を極めるロブだが、「2、3か月ほど映画版『ヴェロニカ・マーズ』の脚本を執筆することができたんだ」と映画版に関して明かした。主人公を演じたクリステンや製作総指揮を務めたジョエル・シルヴァー、そしてロブ自身も映画化を望んでいて、後は脚本が出来上がるのを待つばかりのようだ。ロブはすでに、ローガン役のジェイソン・ドーリングとヴェロニカの父親役のエンリコ・コラントーニにも映画化の話をしているようで、着々と映画版の準備は進んでいるようだ。

 「ヴェロニカ・マーズ」は、カリフォルニアの高級住宅地で起きた女子高生殺人事件を軸に、女子高生探偵のヴェロニカが親友の死の謎に迫る青春ミステリーだ。アメリカではすでにシーズン3まで放送が終了していて、日本ではタレントのマリエを起用したDVDのCMで話題になったのが記憶に新しい。


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2009年
  3. 1月
  4. 29日
  5. 「ヴェロニカ・マーズ」映画化に向けて始動