シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

『ベンジャミン・バトン』は盗作?イタリア人女性が自分の短編小説が原作と訴える

『ベンジャミン・バトン』は盗作?イタリア人女性が自分の短編小説が原作と訴える
『ベンジャミン・バトン 数奇な人生』

 アカデミー賞13部門にノミネートされたブラッド・ピット主演の映画『ベンジャミン・バトン 数奇な人生』が盗作の疑いで訴えられた。

 ローマの裁判所に訴えを起こしたのはイタリア人女性アドリアナ・ピチーニ。彼女は、同映画の原作は1994年に彼女が執筆した短編小説「Il ritorno di Arthur all’innocenza」(「アーサーの純真への回帰」)だと主張している。

 E!オンラインによると、アドリアナの小説はイタリアで著作権が取得された後、アメリカの出版社に送られたものの、アメリカでは出版されなかったらしい。今後、ローマの裁判官が映画と小説の内容を比べ、調査を必要とするほど類似点があるかどうかを判断するとハリウッド・レポーター紙は報じている。アドリアナが損害賠償を求めるかどうかはわからないと弁護士はコメントしている。


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • 先週のとりこぼしニュース(2月1日~2月7日) from ぼやきダイブ (2009年2月9日 0時32分)
    先週の2月1日~2月7日までの、取りこぼしたニュースを10点ピックアップしました。 ネット犯行予告:82人摘発 秋葉原事件以降 全国警察 - ... ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2009年
  3. 2月
  4. 4日
  5. 『ベンジャミン・バトン』は盗作?イタリア人女性が自分の短編小説が原作と訴える