シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

金熊賞決定!コンペ初参加のペルーの女性監督作『ザ・ミルク・オブ・ソロウ』【第59回ベルリン国際映画祭】

金熊賞決定!コンペ初参加のペルーの女性監督作『ザ・ミルク・オブ・ソロウ』
『ザ・ミルク・オブ・ソロウ』のクラウディア・ロッサ監督 - Photo Yukari Yamaguchi

 2月14日夜(現地時間)、第59回ベルリン国際映画祭にてコンペティション部門の結果が発表された。最高賞である金熊賞はペルーからのコンペティション初参加作となる『ザ・ミルク・オブ・ソロウ』(英題)が獲得した。

 ペルーにとっての快挙を成し遂げたクラウディア・ロッサ監督は集まった記者団を前に全身で喜びを表現した。監督第二作目、しかも自身の故郷であるペルーの言い伝えを題材にした本作での受賞は喜びもひとしおだったに違いない。

 審査員賞として与えられる銀熊賞は今回は2作品に与えられた。1つはマレン・アデ監督の『エヴリィワン・エルス』(英題)で、もう1つは会見の席で本日の主役として紹介されたアドリアン・ビニエス監督の『ジャイガンテ』(原題)だ。主役と言われた理由は、銀熊賞が今回の授賞式で、新人監督賞、同映画祭の創設者にちなんだアルフレッド・バウアー賞に続いての3度目の登場となったからだ。「目の前に熊がある、しかも小さい友達と並んであるなんて信じられない」とビニエス監督は熊をかたどった銀のトロフィーを前に三冠に輝いた喜びを語った。

 そのビニエス監督と賞をわかちあった、もう1人のアルフレッド・バウアー賞受賞者アンジェイ・ワイダ監督は「とても幸せだ。とりわけデビューとなる若い監督と一緒なのがうれしい」とコメントし、受賞作『スウィート・ラッシュ』(英題)の主演女優クリスティナ・ヤンダについて「彼女はその才能だけでなく、人生の一部をささげてくれた」と自身の辛い経験を映画の一部としてドキュメンタリーのように組み込んだヤンダをたたえた。

 ほかの主な受賞者は以下の通り。

監督賞 『アバウト・エリー』(英題)のアシュガル・ファルハディ

女優賞 『エヴリィワン・エルス』(英題)のビルギート・ミニヒマイル

男優賞 『ロンドン・リバー』(原題)のソティギ・クヤテ

脚本賞 『ザ・メッセンジャー』のオーレン・ムーヴァーマンとアレッサンドロ・カモン

芸術貢献賞 『カタリン・ヴァルガ』(原題)のサウンドデザイン、ガバー・エルデリーとタマス・スゼケリー

 また、ビニエス監督が受賞した新人監督賞はコンペティション作品以外も対象に、別の審査員によって選ばれている。同賞でスペシャル・メンション(特に名前を挙げる)とされたのが、『ザ・ガール』(英題)のフレデリック・エドフェルド監督。ほか、やはり別の審査員が選ぶ短編部門の金熊賞はデヴィッド・オライリー監督『プリーズ・セイ・サムシング』(原題)、銀熊賞がダニエル・エリオット監督『ジェイド』(原題)となった。(取材・文:山口ゆかり Yamaguchi Yukari)


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • The Milk of Sorrow (悲しみのミルク) from Cinema Review シネマ・レビュー   そこそこ見てます☆ (2009年12月15日 16時21分)
    La Teta Asustada (2009) English title: The Milk of Sorrow ★★☆☆☆ (Spain, Peru)    日本語タイトル: 悲しみのミルク official site: N/A Starring: Magaly Sol... ...[外部サイトの続きを読む]
  • 弟59回ベルリン国際映画祭受賞作一覧/金熊賞はペルー映画 from ラテン!ラテン!ラテン! (2009年2月16日 5時4分)
    今年のベルリンといえば、 現在、ユーロスペースで上映中の「愛のむきだし」が ダブル受賞(「カリガリ賞」「国際批評家連盟賞」) したことで持ち切りですが、15日は、 園子温監督、劇場に来られていたのですね。 そうとは知らず、隣のレバノン映画「キャラメル」を 観に ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2009年
  3. 2月
  4. 15日
  5. 金熊賞決定!コンペ初参加のペルーの女性監督作『ザ・ミルク・オブ・ソロウ』