シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

これからのモテの代名詞!? クライヴ・オーウェンの魅力に迫る!

これからのモテの代名詞!? クライヴ・オーウェンの魅力に迫る!
う~ん、男前。 『ザ・バンク 堕ちた巨像』

 今、イギリス人俳優クライヴ・オーウェンの硬派な男ぶりに注目が集まっている。映画『ボーン・アイデンティティー』への出演を皮切りに、ハリウッド大作での成功が続いている彼は、4月に公開される金融サスペンスアクション映画『ザ・バンク 堕ちた巨像』でのタフなインターポール捜査官役がハマり、今まさに魅力が大さく裂中だ。

 映画の中でクライヴが演じるサリンジャー捜査官は、とにかくストイック。大手銀行の不正を暴こうと苦闘する中で見せる精神的、肉体的強さには、まさに男の中の男! という言葉がぴったりだ。これはモテる! と思わず目がハートになってしまうような男らしさは、クライヴ自身のキャラクターとも重なるようだ。

 サリンジャー捜査官と共に捜査に携わる検事役でクライヴと共演したナオミ・ワッツは、クライヴ自身について「彼は仕事に対しとても献身的で、いつでも準備万端なのよ。かなり長くて難しい台詞もあるのに、決して間違えないの。すごい人だと思うわ」と語る。タフでプロフェッショナルな仕事ぶりは、劇中のサリンジャー捜査官に劣らない。

 またナオミは、聞き逃せないこんな一言も。「あれほどハンサムで、あれほど見事にスーツを着こなす人は……(笑)。彼ほど虚栄心のない俳優にわたしは会ったことがないと思う」。魅力的なたたずまいの秘密はナチュラルでスマートな内面にあるというのは説得力のある話だ。

 無精ひげを生やしたダンディーなジャケット姿で、銃撃シーンなどのアクションをこなすクライヴ。映画『ザ・バンク 堕ちた巨像』でのクライヴは、イイ男を演じられるのはイイ男だけだ、ということを痛感させてくれる。本作で、今まで以上に世界中の女性を首ったけにするに違いない。

映画『ザ・バンク 堕ちた巨像』は4月4日より丸の内ピカデリーほかにて全国公開


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2009年
  3. 3月
  4. 24日
  5. これからのモテの代名詞!? クライヴ・オーウェンの魅力に迫る!