シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

超ポジティブな実話!イエス!と言い続けて人生が変わった男

超ポジティブな実話!イエス!と言い続けて人生が変わった男
YES!ダニー・ウォレス

 映画『イエスマン “YES”は人生のパスワード』の原作者で、「YES」と言い続けて人生が変わったダニー・ウォレスに話を聞いた。

 面倒なことや厄介なことはなるべく避けたい。興味がないことや無理なことには「NO」と言いたい。そう考えるのが普通の人間なのだが、7か月もの間そのすべてに「YES」と答え、実際に人生をチェンジさせた人物がいる。それが本作の原作者であるダニーだ。

 すべてに対して「YES」。そんな無謀ともいえるルールに挑戦する以前のダニーは、すべてに対して「NO」であったという。「友人から飲み会の誘いがあってもNO。ロックのライブに誘われてもNO。いつも家にいてテレビばかり観ていた。そんなとき友人から『もっとYESと言え!』と言われたんだ」と語るダニー。「NO」ばかりの習慣に慣れ、人生を謳歌(おうか)していない自分に気付いたダニーは「YES」の回数を増やすのではなく、すべての物事に対して「YES」と答えることに決めた。その瞬間、人生は大きく動き出した。

 「普段やらないようなことに『YES』と答えたことで、僕とは違う生き方のポジティブな女性と親しくなれたんだよ。詳しくは映画のネタバレになるから言えないけれど、たった一つの言葉が僕の人生を変えたのは確かだよ」と幸せそうに語るダニーだが、すべてが良い方向にいったわけではなさそうだ。「パーティーで『車を買わないか?』と言われて『YES』と答えたり、週末に地球の反対側まで旅行に行くはめになったり……。とんでもなくお金がかかったけどね」と災難もあった様子。それでもダニーは「YES」と答え続けたのだ。「止めようと思ったとき、必ず素晴らしいことが起こるんだ。現在はすべてに『YES』と答える生活はしていないけれど、そのときの経験から今では『YES』と答える回数が増えたね。人生にとって『YES』と答えようと思う気持ちがとても重要なのさ」。

 最後にダニーは、「YES」「NO」をはっきり言えない日本人について「中立でいるのは、人を傷つけたくないときはいいよね。でも消極的で『NO』ばかり言っていたら、家にいてテレビを観て、いつも同じものを食べて、毎日が同じ。けど『YES』と言えばそれは必ず変わるはずだよ。NO MANやNO LADYではなく、YES MAN、YES LADYになろう!」とアドバイスをくれた。ただし誰かに「わたし太ってる?」と聞かれたときは、はっきりと意見は言わず、日本人的流儀で対応してほしいと付け加えた。

映画『イエスマン “YES”は人生のパスワード』は新宿ピカデリーほかにて全国公開中


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2009年
  3. 3月
  4. 26日
  5. 超ポジティブな実話!イエス!と言い続けて人生が変わった男