シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

韓国の次世代スター、チュ・ジフンはゲイにもモテモテ?

韓国の次世代スター、チュ・ジフンはゲイにもモテモテ?
演技の幅も広く今後が期待される次世代韓流スター、チュ・ジフン

 映画『アンティーク ~西洋骨董洋菓子店~』で、魔性のゲイに愛されるケーキ店のオーナーを演じたチュ・ジフンが、作品やプライベートについて語ってくれた。本作ではゲイに告白されて激しく拒否する演技を披露したチュ・ジフンだが、実生活ではどんな恋愛観を持っているのだろうか?

 韓国のテレビドラマ「宮(クン)~Love in palace」で孤独な皇太子を熱演し、日本でも大ブレイクを果たしたチュ・ジフン。そんなチュ・ジフンの初主演映画が、日本の人気コミックが原作で、日本でもドラマ化された『アンティーク ~西洋骨董洋菓子店~』だ。チュ・ジフンの役どころは、幼いころに誘拐されたことが強烈なトラウマになってしまったケーキ店のオーナーで、「トラウマを抱えながら、ひたむきに生きる心理を表現するのに苦労しました」そうだ。

 しかも、キム・ジェウクふんする美しき魔性のゲイから愛されるという設定で、イケメン俳優同士のボーイズ・ラブ風な展開も見逃せないポイント。そこで、もしもプライベートでゲイに迫られたらどうするかチュ・ジフンに聞いてみたところ、「激しく迫られたら殴ってしまうかも(笑)。ゲイがキライなわけじゃないけど、好みじゃない人に迫られるのはつらいですよ」とのこと。ちなみに、「僕はゲイじゃありません」と実生活も至ってノーマルなようで、ファンは一安心だ。

 映画の中では女性に縁がなかったチュ・ジフンだが、気になる好きな女性のタイプは、「猫のように自由奔放な女性」だそうで、「恋人とはお互いを束縛しない関係が理想的ですね」と照れくさそうに話してくれた。チャーミングな御曹司からクールな弁護士まで、幅広い演技を見せてくれるチュ・ジフンは、今後が最も楽しみな韓国次世代スターの一人といえるだろう。

 本作は、心に傷を負いながらも前向きに生きる4人の男たちを描いた人間ドラマで、CGやミュージカルシーンを多用した斬新な映像が印象に残る。チュ・ジフンは、「撮影自体は普通だったのに、編集後はすごくユニークな作品に仕上がっていました」と想像以上のデキに大満足の様子だ。

映画『アンティーク ~西洋骨董洋菓子店~』は4月18日より恵比寿ガーデンシネマ、シネカノン有楽町ほかにて全国公開


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2009年
  3. 4月
  4. 17日
  5. 韓国の次世代スター、チュ・ジフンはゲイにもモテモテ?