シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

イーライ・ロス、『グラインドハウス』に登場した『感謝祭』の長編映画製作へ

イーライ・ロス、『グラインドハウス』に登場した『感謝祭』の長編映画製作へ
とりあえず、血みどろ!-イーライ・ロス - George Pimentel / WireImage / Getty Images

 クエンティン・タランティーノが製作総指揮を務めた映画『ホステル』でブレイクした若手監督イーライ・ロス。タランティーノ監督の新作映画『イングロリアス・バスターズ』(原題)にも出演しているイーライがMTVに対して、映画『グラインドハウス』でフェイク予告編として登場した『感謝祭(Thanksgiving)』の長編映画版の製作を始めることを明らかにした。イーライは、映画『トランスフォーマー』『クローバーフィールド/HAKAISHA』と似たようなタイトル未定のSF大作を次回作として撮影し、その後に低予算で『感謝祭』を製作する予定とのこと。SF大作の方は8,000万ドル(約80億円)の制作費を予定しており、『感謝祭』は500万ドル(約5億円)の制作費だそうだ。

 『感謝祭』は、『グラインドハウス』内の予告編でもわかるとおり、1980年代に量産された記念日ホラー映画の典型的な作品となり、「最も不快で、血みどろで、暴力的なスラッシャー映画」になるとのこと。イーライは、「『感謝祭』でスラッシャー映画の中で最高の死者数をたたき出したい!」と力強く語った。

 『グラインドハウス』でフェイク予告編として流れた映画『マチェーテ』も、ダニー・トレホとチーチ・マリン主演で本編映画を製作するとロバート・ロドリゲス監督が昨年のコミコンで明らかにしている。同じくフェイク予告編で流れた映画『ナチ親衛隊の狼女』『Don't/ドント』の本編も製作されると面白いかもしれない。


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2009年
  3. 5月
  4. 2日
  5. イーライ・ロス、『グラインドハウス』に登場した『感謝祭』の長編映画製作へ