シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

ジム・キャリー、新作映画のため23キロの肉をプラスするウルトラ増量中!

ジム・キャリー、新作映画のため23キロの肉をプラスするウルトラ増量中!
まだまだ、増量中!-ジム・キャリー

 映画『イエスマン “YES”は人生のパスワード』の主演で日本でも久々に元気なジム・キャリーを見ることができたが、彼のガールフレンドである女優のジェニー・マッカーシーがNBC系列のトークショーで語ったところによると、ジムは新作映画『スリー・ストゥージズ』(原題)の役作りのためにものすごい勢いで体重を増加させているらしい。

 日本ではあまりなじみのないこの「スリー・ストゥージズ」という作品は、まだテレビも白黒時代の20世紀初期から中期にかけてアメリカで絶大な人気を誇ったコメディアン・トリオの名前で、同名のお笑い番組。モー、カーリー、ラリーからなる3人組のドタバタ・トリオは、アメリカのスラップ・スティックコメディーの大御所と言っても過言ではなく(日本で言うならば、ザ・ドリフターズ?)現代でも多くのファンを魅了している伝説的な存在だ。

 コメディアン兼アクターとして、スリー・ストゥージズの一員を演じられると機会は願ってもない光栄。スリー・ストゥージズ3人の中でもおとぼけの真髄を披露しているカーリーを演じることが決まったときのジム・キャリーのうれしさは計り知れない。

 さて、カーリーを見たことのある方ならおわかりと思うが、細身のジムに対して、カーリーはかなり太め、コロコロ体型である。

 昨今ではCGで太らせてみたり、昔ながらのファット・スーツ(肉ジュバンのようなもの)を着て体重を増加させたように見せることもできるのだが、そこは熱血ジム・キャリー。そんなうそっぱちはやらないと、カーリー仕様の体にするために努力を始めたわけだ。

 「ジムったら、カーリーのために50パウンド(約23キロ)は増やすって言ってるわ」と語るのはガールフレンドのジェニー。「手っ取り早く言えば、ジムの増量計画はデザートを存分にエンジョイするってことだけどね。かなり楽しんでるみたいよ」と笑う。

 ジムとは正反対に最近ダイエットしてまたまた細くなったジェニー。思う存分食べるジムを見てイラつきませんか、との質問に、「そうねえ、でもジムは熱心に頑張るコメディアンだから……だけど、もし彼が300パウンド(約136キロ)とかになっちゃったらどうなるのかしら?」と冗談交じりに顔を引きつらせる。でも、すぐもとの笑顔になり、「よっぽど彼のこと愛してないとね」と締めくくった。

 役作りのために体重の増減をするメソッド・アクター(演じる者に私生活でも成り切ってテンションの高い役作りに取り組む役者のこと)は、今までにも映画『レイジング・ブル』のロバート・デ・ニーロや、映画『マシニスト』(原題)のクリスチャン・ベイルなどいるが、お笑い役者でそこまで入れ込むのはそうそうあることではない。

 ジムに加えて、ラリー役にショーン・ペン、モー役にベニチオ・デルトロというそうそうたるメンバーがそろう予定の『スリー・ストゥージズ』(原題)だが、内容はバイオエピック(伝記)のようなものではなく、スリー・ストゥージズの往年のコントに基づいたストーリー作りになるらしい。全米での公開予定は2010年。


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2009年
  3. 4月
  4. 21日
  5. ジム・キャリー、新作映画のため23キロの肉をプラスするウルトラ増量中!