シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

アメリカが萌えた!ザック・エフロンの『セブンティーン・アゲイン』堂々ナンバーワン!-4月21日版【全米ボックスオフィス考】(1/2)

 今まさに旬、といった感じのザック・エフロン主演ファンタジーコメディー映画『セブンティーン・アゲイン』が、ライバルだといわれていた新作映画『消されたヘッドライン』を破って、堂々のナンバーワン映画となった。

 興行成績2,372万ドル(約23億7,200万円)を収めた『セブンティーン・アゲイン』は、若かりしころのトム・ハンクス主演の映画『ビッグ』をほうふつとさせるコメディー作品。映画『ヘアスプレー』『ハイスクール・ミュージカル/ザ・ムービー』に出演するなど、アメリカで人気爆発中のザック初の単独主演映画とあって、大ヒットの恩恵はティーンの女の子たちに負うところが大きいようだ。週末に配給のワーナー・ブラザーズが取ったアンケートによると、『セブンティーン・アゲイン』を観に来ていた75パーセントが女性で、全体の43パーセントが18歳以下だったという結果が出ている。(1ドル100円計算)

 政治サスペンスで、ダークな要素を持つ『消されたヘッドライン』に比べて、現実逃避できる『セブンティーン・アゲイン』は大人も十分楽しめる内容で、それも第1位になった大きな要因と見られる。

 ラッセル・クロウ、ベン・アフレック、ヘレン・ミレンという堂々たるキャストで今週第2位の『消されたヘッドライン』は、全米2.803館3.200スクリーンにて封切られ1,410万ドル(約14億1,000万円)の興行収入を収めた。大型スター出演の映画にしては中心となるストーリーラインの練りが弱く、後半バタバタっと終わってしまった感があり、ラッセルの後輩を演じたレイチェル・マクアダムスも2005年度主演のサスペンス映画『パニック・フライト』での好演に比べると、キャスティングミスでは……という感がぬぐい切れなかった。

 ただ興味深いのは、配給のユニバーサル・ピクチャーズが取ったアンケートで、同作品を観に来ていた52パーセントのお客さんが映画のストーリー性に惹(ひ)かれ、そして66パーセントの人たちが「ラッセルが出ているから」という理由で『消されたヘッドライン』を観に来ていたという結果が出たことである。この結果を見ると、映画製作においてスタジオが一番お金をかけざるを得ないのは監督のギャラでも脚本家の執筆料でもなく、お客を必ず引っ張ってこられる主演スターの出演料となる。「俳優は稼ぎ過ぎだ!」という批判もあるが、結局アメリカ映画興行収入の屋台骨はラッセルのような大スターなのである。


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2009年
  3. 4月
  4. 22日
  5. アメリカが萌えた!ザック・エフロンの『セブンティーン・アゲイン』堂々ナンバーワン!-4月21日版