シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

攻めの加瀬亮が見られる?岡田将生は箸休め…と吉高由里子あっけらかん

 映画『重力ピエロ』にW主演する加瀬亮、岡田将生と吉高由里子が18日、白昼の東京・渋谷に出没し、TOKYO FM渋谷スペイン坂スタジオで生放送出演した後、ヒューマントラストシネマ渋谷で舞台あいさつを行った。
 
 本作で兄弟を演じた加瀬と岡田は、共にシャイで口数の少ないタイプといい、そのため初めから妙に気が合ったのか、岡田は開口一番「僕、人見知りが激しいんです。でも加瀬さんは初めての共演なのに、すぐに打ち解けることができました」と親近感を持ったようだった。

 加瀬は、ロケ先の仙台では、夜になるとホテルの部屋に2人でこもりテレビドラマを見ていたウラ話も明かし、「普段はドラマってほとんど見ないんです。でも岡田君がドラマの状況とかあらすじとか全部、説明してくれて良かったです」と、意外に地味だった2人の生活を暴露。撮影現場でも「スタッフが強烈で濃い人ばかりだったので、僕らは結構、ちっちゃくなって。譲り合ったりしてたよね」と2人でいたずらっぽく笑うひと幕もあり、本当の兄弟のような親しさをうかがわせた。

 見どころを聞かれ、加瀬は「素晴らしい家族愛」、岡田は「兄弟のきずな」と神妙にコメントしたが、3人の中で一番冗舌で、ちゃめっ気たっぷりな吉高は「何といっても攻めの加瀬さんが見られることですね。将生は受け身で、わたしは箸休めみたいなもんかな」と話し、会場の笑いを誘った。また、舞台あいさつでも吉高は「豚インフルエンザに負けないくらい、映画がヒットしてほしい!」と感染拡大を心配しつつも豪快なジョークを飛ばし、会場を沸かせた。

 本作は作家・伊坂幸太郎氏のベストセラー小説を原作に、謎の連続放火事件をきっかけに、兄・泉水(加瀬)と弟・春(岡田)ら家族に秘められた謎が明らかになっていく様を通じ、家族とは何かを問いかけるサスペンスドラマ。

映画『重力ピエロ』は5月23日より全国公開


【関連情報】
関連作品

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2009年
  3. 5月
  4. 19日
  5. 攻めの加瀬亮が見られる?岡田将生は箸休め…と吉高由里子あっけらかん