シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

『天使と悪魔』、早くも『スター・トレック』をけ落とし、全米第1位に!-5月18日版【全米ボックスオフィス考】(1/2)

『天使と悪魔』、早くも『スター・トレック』をけ落とし、全米第1位に!-5月18日版
前作を抜くことはできるかな……。-映画『天使と悪魔』より

 ダン・ブラウン著の世界的ベストセラーを映画化した映画『天使と悪魔』が、先週第1位になったばかりの映画『スター・トレック』を早くも首位から引きずり降ろし、全米ナンバーワン映画に輝いた。(1ドル100円計算)

 トム・ハンクス演じる、ロバート・ラングドンシリーズの第2弾である『天使と悪魔』は、5月15日より、アメリカの3,527館7,000スクリーンにて大型公開され、興行収入4,800万ドル(約48億円)を収めた。この成績は、2006年に世界的大ヒットを記録したシリーズ第1弾の映画『ダ・ヴィンチ・コード』の初公開ウイークエンド興行成績7,710万ドル(約77億1,000万円)を超えることはできなかったものの、映画の原作となった小説「天使と悪魔」自体が小説「ダ・ヴィンチ・コード」の売り上げの半分以下だった事実を考えれば、『天使と悪魔』の売り上げが『ダ・ヴィンチ・コード』の約62パーセントだったということは、上々の出来といえるかもしれない(ちなみに、小説の『天使と悪魔』は、『ダ・ヴィンチ・コード』よりも前に執筆された作品である)。
 
 『天使と悪魔』は、『ダ・ヴィンチ・コード』『ハンニバル』『レッド・ドラゴン』などと同様に“アダルト・スリラー”というジャンルであるが、そのジャンル名の通り、同作品を観に来た50パーセントの観客は30歳以上というアンケート結果が、配給会社であるソニー・ピクチャーズより発表されている。今週のランキングで、順位的には第2位になってしまったものの、新『スター・トレック』はデビュー2週目にして4,300万ドル(約43億円)という素晴らしい成績を収めた。先週のデビュー成績に比べると43パーセント売り上げがダウンしてしまったが、去年の同系統映画であった映画『アイアンマン』に比べて、その下降率は低めだったという統計が出ている。

 『スター・トレック』をすでに観た映画ファンたちの話を聞くと、1回目は普通のシアターで観てから2回目をIMAXで……という人たちが結構いて、すでに業界で発表されているもろもろの数字も考慮に入れてみても、持久力があると思われる『スター・トレック』は、夏の超大作首位攻防戦が続く中、引き続きかなりの数字をたたき出す可能性を秘めている。

 第3位にダウンしてしまったのは映画『ウルヴァリン:X-MEN ZERO』で1,470万ドル(約14億7,000万円)の興行収入。とはいえ、ほかの『X-MEN』シリーズのデビュー3週目の成績に比べると、この降下率は低く、封切り後17日間の総合売り上げは、1億5,110万ドル(約151億1,000万円)となっている。上位から下降すると思われた、映画『ゴースト・オブ・ガールフレンズ・パスト』(原題)は、665万ドル(約6億6,500万円)の売り上げで第4位にとどまり、底力を見せた。ビヨンセ主演の映画『オブセスト』(原題)もかろうじてトップ5内にとどまり、455万ドル(4億5,500万円)の売り上げ。チャート順位が目まぐるしく変化する最近にしては、中々の成績といえる。


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2009年
  3. 5月
  4. 21日
  5. 『天使と悪魔』、早くも『スター・トレック』をけ落とし、全米第1位に!-5月18日版