シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

日本初の長編3D映画『戦慄迷宮3D』撮影現場初公開!

日本初の長編3D映画『戦慄迷宮3D』撮影現場初公開!
劇中写真を先行入手! - (c) ショック・ラビリンス・フィルム・コミッティ2009

 富士急ハイランドの人気お化け屋敷「戦慄迷宮」を、清水崇監督、柳楽優弥主演で実写化する邦画初の長編3D映画『戦慄迷宮3D』の撮影現場このほど、同所で初公開され、企画・配給元アスミック・エースの谷島正之プロデューサーが3D映画の魅力を語った。

 10年前に行方不明になった少女が突然帰ってきた謎を探るため、事件の舞台となった遊園地のお化け屋敷を訪れた主人公の賢(柳楽)とその仲間たちが、体験する恐怖を描くスリラー。5月31日にクランクインし、富士急の「戦慄迷宮」を貸し切り、劇中のお化け屋敷として撮影中だ。清水監督は通常の近視用メガネに加え、3D専用メガネをかけてモニターをのぞいてる。さらに撮影に使用されているのは、同社ほかが本作のためにアメリカからパーツを取り寄せて新開発した小型2眼カメラ。柳楽、前田愛のほかに勝地涼、蓮佛美沙子、松尾スズキが出演することも明かされた。
 
 邦画初の長編3D映画を企画した谷島氏は、「3Dは、映画人にとって原体験としてあるオモチャのようなもの。誰でも一度は撮ってみたいと思う。富士急の『戦慄迷宮』の映画化は3年くらい前から企画していましたが、ドリームワークスアニメーションのCEOで、かねてから3D映画が映画ビジネスの再活性化の鍵になると説いてきたジェフリー・カッツェンバーグ氏が昨年3月、2009年を『3D元年』と宣言したことで、僕の中で3Dと戦慄迷宮のアイデアが一致。そこから半年間でグングン具体化した」と経緯を説明。

 3D映像の魅力は「飛び出すとよく言われますが、本当は奥行き感、サラウンド感があり、その空間に自分がいて包囲されているように感じる」という。展望については「勝負はまず今年の夏休み。日本より3D映画が活況を呈しているアメリカのドリームワークスのアニメ映画『モンスターVSエイリアン』(7月11日公開)など4本が公開される。年末にはジェームズ・キャメロンの3D超大作『アバター』(12月公開)がある。だからその間を狙って『戦慄迷宮3D』は秋に公開します!」と大ハリキリでハリウッドの3Dブームの波に乗る構え。

 日本で3D上映設備が整うスクリーン数を心配しながらも「昨年10月にハリウッドの3D映画『センター・オブ・ジ・アース』が上映された時、全国で50スクリーンでした。この夏に180スクリーン、年末には250スクリーンに増えるでしょう」と年内の3Dブーム上陸を予言。入場料金だけには「劇場の設備投資分のために通常の1,800円より高く2,000円。これはしょうがない」と苦笑いだった。

映画『戦慄迷宮3D』は10月より全国公開


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2009年
  3. 6月
  4. 12日
  5. 日本初の長編3D映画『戦慄迷宮3D』撮影現場初公開!