シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

驚異の大ヒット!『トランスフォーマー/リベンジ』が全米第1位!-7月1日版【全米ボックスオフィス考】(1/2)

驚異の大ヒット!『トランスフォーマー/リベンジ』が全米第1位!-7月1日版
日本でも大ヒット中だ!! (映画『トランスフォーマー/リベンジ』より) - (C) 2008 DreamWorks LLC and Paramount Pictures. All Rights Reserved.

 6月24日(水)に全米公開されてから、すべての面で勢いがとどまるところを知らない映画『トランスフォーマー/リベンジ』。水曜日の深夜先行ロードショーで、2,000館ソールドアウトという前代未聞の記録を打ち立てたのを皮切りに、先行上映分も含めて驚きの2億100万ドル(約201億円)という興行成績をたたき出し業界内外の話題となったばかりか、これをきっかけに製作・配給パラマウント・ピクチャーズの親会社に当たるヴァイアコムの株も急上昇するなど、関係者にとっては笑いの止まらない週末となった。全米で4,234館推定1万スクリーンという強力なスケールで公開された同作品は、歴代の6月封切り作品の中でも興行収入ナンバーワンである。(1ドル100円計算)

 しかし上には上がいるもので、去年の大ヒット作品である映画『ダークナイト』の5日間総合興収と比べると、『トランスフォーマー/リベンジ』は約300万ドル(約3億円)ほど額が及ばず、残念ながら歴代5日間の興収のトップ争いでは、第2位に甘んじる結果となった。

 とはいうものの同作品の勢いはすさまじく、アメリカと同時(あるいは1週間先行して)公開された海外58か国からも大ヒットのニュースが入ってきており、海外興収も合わせたボックスオフィス合計額は、7月2日の時点で4億5,000万ドル(約450億円)という国家予算並みの数字になる。『トランスフォーマー/リベンジ』は、映画評論家の間で評価がイマヒトツのようだが、この業界、結果的には一般大衆の支持を受けて稼いだものが勝つのである。

 さてロボットの奇襲にもメゲずに、第2位で踏ん張ったのはサンドラ・ブロックのラブコメ映画『あなたは私の婿になる』で、1,850万ドル(約18億5,000万円)の売り上げ。降下率も45パーセントのみにとどまり、2週目にして上々の成績である。だが、一方で同作品と対照的に暗い道のりをたどっているのは、先週デビューしたばかりのジャック・ブラックとマイケル・セラのコメディー映画『イヤー・ワン』(原題)で、何と70パーセントというサイアクな降下率で、第6位にまで転落してしまった。予告だけ観ると面白そうなのだが観た人たちによると、どうやら面白いのはそこだけ……ということらしい。映画ファンのクチコミは怖い……。

 第3位は、小粒でもピリリと下品に(!?)に笑わせてくれる映画『ザ・ハングオーバー』(原題)。圏外だが依然として頑張っている映画『スター・トレック』と並び、降下率が一番低い作品で、興収は1,700万ドル(約17億円)の成績だった。


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • 【全米映画興収ランキング&予告編】トランスフォーマー/リベンジの圧勝! from 就活シネマ【映画と仕事】 (2009年7月2日 21時11分)
    ロイター発表の北米興収と、米ニールセンの全米ボックスオフィスTOP10を毎週チェックしているのですが……6月26日のエントリーで速報したとおり、マイケル・ベイ監督の『トランスフォーマー/リベンジ』が記録的なスタートダッシュを見せていますね。 ニールセン発表:全米週末興行成績TOP5(2009.06.26~06.28) 【1】(初) … Transformers: Revenge of the Fallen(トランスフォーマー/リベンジ) 【2】(1) … The Proposal(あなたは私の ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2009年
  3. 7月
  4. 2日
  5. 驚異の大ヒット!『トランスフォーマー/リベンジ』が全米第1位!-7月1日版