シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

美輪明宏、神と呼ばれるポケモン役!観ないと祟られる?

美輪明宏、神と呼ばれるポケモン役!観ないと祟られる?
北乃きい、中川翔子、美輪明宏

 映画『劇場版ポケットモンスター/ダイヤモンド&パール アルセウス 超克(ちょうこく)の時空へ』の先行試写会が5日、東京・中野サンプラザで行われ、ゲスト声優を務めた美輪明宏をはじめ中川翔子、北乃きい、お笑いトリオのロバートらキャスト陣と湯山邦彦監督が舞台あいさつに立った。

 神と呼ばれる幻のポケモン・アルセウスを演じた美輪は、「わたし自身の髪の毛が黄色いのは、ピカチュウの生まれかわりなのよ」と自身をネタにし、2,000人を超える親子連れで埋め尽くされた会場を笑いの渦に。

 中川は自身の前世を「自分が演じたギザみみピチュー。初めて見たときは心に電撃で打たれたような感じでした。ギザかわゆすです! 3年連続で出演させてもらっていますが、最初はポケモントレーナー役だったのに今回はポケモンと、(役柄が)どんどん人間から離れています(笑)。ピンク色が好きなんですが、ギザみみピチューのほっぺもピンク。なにかと運命を感じますね」と新キャラをアピールした。

 初のアニメ声優にチャレンジした北乃は「初めて観た映画がポケモン映画の『ミュウツーの逆襲』だったんです。18歳になって、あこがれの映画に出演できることになってうれしいし、奇跡です。初めてのアニメ声優体験は、舞台をやったことはないけれど、声の出し方が舞台のような感じ。緊張しました」とおとぼけぶりを発揮していた。

 舞台あいさつ後の記者会見で、美輪は「麻生(太郎)総理がお好きなアニメとか漫画とは違って(笑)、子守り歌のような、押しつけがましくなく、楽しみながら教育できる作品になっています。ご覧にならなかった方には祟りがあると思いますよ」と猛アピール。友情や愛、思いやり、協力する心など、子どもたちに大事なことを教えてくれる物語を訴えた。

 本作は、これまでのシリーズ観客動員数5,000万人という大人気シリーズの12作目。すべてを生み出したという幻のポケモンが登場し、これまでの神々の戦いの最終章にあたるタイムスリップアドベンチャーだ。

映画『劇場版ポケットモンスター/ダイヤモンド&パール アルセウス 超克(ちょうこく)の時空へ』は、7月18日より全国東宝系で公開


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2009年
  3. 7月
  4. 6日
  5. 美輪明宏、神と呼ばれるポケモン役!観ないと祟られる?