シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

ショック!M.ジャクソンさんの元ドクターが赤裸々激白(1/2)

ショック!M.ジャクソンさんの元ドクターが赤裸々激白
7日に営まれたマイケルさんの追悼式 - Kevin Mazur/MJ Memorial / WireImage / Getty Images

 マイケル・ジャクソンさんの追悼式からすでに4日が経つというのに、その遺体はいまだに埋葬されておらず、棺自体もどこに安置されているのか報道陣には一切伏せられている。マイケルさんの死因についても諸検査が終了するのはまだ先であるために、マイケルさん急逝の原因については諸々の憶測が飛び交っており、謎は深まるばかり。

 折りしもそのようなときに、生前のマイケルさんの皮膚科主治医であったアーノルド・クライン医師がCNNの「ラリー・キング・ライブ」で独占インタビューに応じ大変な話題となっている。

 マイケルさんの健康状態から、死因の要因として取りざたされている処方せん乱用のうわさについてまで赤裸々に語ったクライン医師は、医師としてだけではなくマイケルさんとは友人としても付き合っていたと話しており、亡くなる前日にもマイケルさんはクライン医師のオフィスに立ち寄り、その日は、7月からのロンドン・ツアーを楽しみにしており非常に機嫌が良く、その場に居合わせた患者さんの前でおどけてダンスを踊ってみせたという。

 処方せん乱用のうわさについて聞かれたクライン医師は「確かにマイケルは、1990年代後半のHIStoryツアーのときに処方せんを乱用していたようだ。ドイツ・ツアーのときに強力麻酔薬デプリバンを使用したと聞いて、わたしは『マイケル、気でも触れたのか!?』とたしなめたものだ」と話した。

 デプリバンという麻酔薬は本来、麻酔科専門医のいる医療施設以外のところでの使用は薬事法で固く禁止されており、誤った使用や連続使用は当然のことながら患者の命取りになると言われている。また、この麻酔薬は体内に吸収されると即座に新陳代謝で分解され、20分以上経過すると体の中にその形跡が残らないという。

 クライン医師は、マイケルの借りていた豪邸からデプリバンが見つかったという件について質問されると、「驚いている。だが、もし体内にすぐ排出されてしまうデプリバンをマイケルが使用していたとすれば司法解剖のときにすぐ探知されなくても不思議はない。尿には反応が出るはずだが、司法解剖の場で即座に検知されることは稀だ。だが、外注で特殊ラボに依頼すれば薬物反応として検出することは可能なはずだ」と答えた。

 このほかにも、クライン医師はマイケルさんが重度の全身性エリテマトーデスという皮膚の色素が自己の免疫によって破壊され皮膚の色がまだらになってしまう病気にかかっていたと告白し、マイケルさんが白人になりたいがために自分の皮膚を脱色したという世間のうわさを全面的に否定した。


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • マイケルジャクソンは生きている from B型マイペース兼業主婦日記 (2009年7月15日 23時11分)
    今日も電車の中吊りを見てビックリ!SPAさん、それはないでしょう。と心の中で笑ってしまった。だって、あんな盛大な葬儀のセレモニーも済ませたのに。と、ここまでは電車の中で思った。でも、今この日記を書いていたら、もしかしたらそれもあり?と一瞬思ってしまった。... ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2009年
  3. 7月
  4. 11日
  5. ショック!M.ジャクソンさんの元ドクターが赤裸々激白