シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

『ハリー・ポッターと謎のプリンス』が初登場首位、ポケモンに圧勝!-7月21日版【映画週末興行成績】

『ハリー・ポッターと謎のプリンス』が初登場首位、ポケモンに圧勝!-7月21日版
ピカチューに勝ったよ!映画『ハリー・ポッターと謎のプリンス』より - (C) 2009 Warner Bros. Ent. Harry Potter Publishing Rights (C) J.K.R. Harry Potter characters, names and related indicia are trademarks of and (C) Warner Bros. Ent. All Rights Reserved.

 本格夏興行シーズン突入の週らしく初登場3作品がトップ3を独占した中、世界的人気シリーズ第6弾映画『ハリー・ポッターと謎のプリンス』が首位を獲得。史上最強のファンタジーと呼ばれる通りの、変わらない強さを見せ付けた。

 15日から全国860スクリーンで公開され、20日までの初日6日間で興行収入が22億円を突破する好スタート。同様に初日6日間で22億円を稼いだ第5弾映画『ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団』、第4弾映画『ハリー・ポッターと炎のゴブレット』が、それぞれ最終興収94億円、110億円を記録。前作のシリーズ初の3ケタ割れをぬぐい去りし、再び100億円の大台を突破できるか、注目を集めている。

 また、日米を皮切りに世界公開が始まり、世界興収でも3億9,400万ドル(約369億円)を超え、史上最高の世界オープニング記録を樹立した。本作は、完結作の始まりともいえる内容。復活を果たした闇の帝王ヴォルデモートの支配力が魔法界と人間界の両方に広がりを見せる中、ダンブルドア校長は迫る最終決戦に向け、ハリー・ポッターとともに準備を開始する。監督は前作に続き、デヴィッド・イェーツ

 第2位は、シリーズ第12弾映画『劇場版ポケットモンスター/ダイヤモンド&パール アルセウス 超克(ちょうこく)の時空へ』。全国366スクリーンで公開され、初日2日間で動員64万1,700人、興収は6億7,287万5,650円を上げた。2007年から続く神々の戦いを描いた3部作の完結編で、初登場する幻のポケモン“アルセウス”にサトシとピカチュウたちが時空を超えて立ち向かう。

 第3位は、織田裕二主演映画『アマルフィ 女神の報酬』。全国357スクリーンで公開され、初日2日間で動員29万4,384人、興収は3億7,696万7,600円となった。

 人気作家、真保裕一氏が本作のために書き下ろした作品の映画化で、ローマで起こった日本人少女誘拐事件やイタリア全土を襲う大規模連鎖テロに挑む外交官・黒田康作(織田)の姿を描くサスペンス大作。フジテレビ開局50周年記念作品として、日本映画初の全編イタリアロケが敢行された。共演に天海祐希、戸田恵梨香、佐藤浩市、福山雅治ら豪華キャストが集結している。

 第4位、第5位は、先週第1位の映画『ごくせん THE MOVIE』、同第2位の映画『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破』で、それぞれ3ランクダウン。公開8週目を迎えた映画『ROOKIES -卒業-』は、第7位とロングヒット中で、興収は80億円目前となった。公開6週目の映画『劔岳 点の記』は第8位で、興収20億円を突破。

 次週は、20世紀フォックスによる人気CGアニメシリーズ最新作映画『アイス・エイジ3 ティラノのおとしもの』などが公開。ファミリームービー激戦下で、ハリポタとポケモンが好勝負を展開しそうだ。(取材・文:斉藤葉子) (ランキングなどは興行通信社調べ)


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2009年
  3. 7月
  4. 22日
  5. 『ハリー・ポッターと謎のプリンス』が初登場首位、ポケモンに圧勝!-7月21日版