シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

『ハリー・ポッター』3週連続首位の座キープ!『アマルフィ 女神の報酬』も好調!-8月3日版【映画週末興行成績】

『ハリー・ポッター』3週連続首位の座キープ!『アマルフィ 女神の報酬』も好調!-8月3日版
V3、おめでとう!『ハリー・ポッターと謎のプリンス』より - (C) 2009 Warner Bros. Ent. Harry Potter Publishing Rights (C) J.K.R. Harry Potter characters, names and related indicia are trademarks of and (C) Warner Bros. Ent. All Rights Reserved.

 ベスト10に、6作のアニメ作品がランクインするというアニメ激戦下で、人気シリーズ第6弾映画『ハリー・ポッターと謎のプリンス』が3週にわたり首位を堅守。V3を達成した。

 上位3作は、3週連続で同じ顔がそろった。第2位は、人気シリーズ最新作映画『劇場版ポケットモンスター/ダイヤモンド&パール アルセウス 超克(ちょうこく)の時空へ』で、観客動員250万人、興行収入25億円を突破。第3位は、織田裕二主演映画『アマルフィ 女神の報酬』で、動員150万人を突破と、いずれも好調なチャートアクションを見せている。

 続く第4位には、初登場のディスニー最新アニメ映画『ボルト』がランクイン。映画『ウォーリー』で知られるピクサーのヒットメーカー、ジョン・ラセター監督を製作総指揮に迎え、本格的に始動した新生ディズニー・アニメの第1弾だ。テレビドラマの世界を現実と思い込んでいるスター犬・ボルトが、離れ離れになった飼い主の少女との再会を目指す冒険を描く物語。全国483スクリーンで公開され、初日2日間で動員19万2,413人、興収2億5,431万8,150円を記録した。148スクリーンで公開された3D版も好調で、全体の約4割が3Dで鑑賞と、3D映画のけん引役としても役目を果たしている様子。

 第5位も、初登場のアニメ映画『劇場版NARUTO-ナルト- 疾風伝 火の意志を継ぐ者』。「週刊少年ジャンプ」で、今年連載10周年を迎える人気漫画を原作にしたテレビアニメの新シリーズ「疾風伝」の劇場版第3弾。今回は、火、水、雷、風、土の5つの大国のうち、4つの国で起きた平和を守る忍の失踪(しっそう)事件をきっかけに、大戦勃発(ぼっぱつ)の危機が訪れる。全国266スクリーンで公開され、初日2日間で動員18万3,287人、興収1億9,170万5,700円を記録している。

 初登場では、ほかに第7位に映画『サマーウォーズ』。2006年に公開されてからロングランヒットを飛ばし、国内外の賞を多数獲得した映画『時をかける少女』の細田守監督による初の長編オリジナル作品。インターネット上の仮想空間“OZ”を通じて起こった世界的危機に、長野の大家族が立ち向かう。

 第9位には、恋愛映画『そんな彼なら捨てちゃえば?』が初登場。恋する女性の勘違いと男性の本音をつづり、アメリカで話題となったベストセラー小説の映画化。ジェニファー・アニストン、ジェニファー・コネリー、スカーレット・ヨハンソンら豪華女優陣が競演を果たしている。また公開10週目を迎えた映画『ROOKIES -卒業-』が第11位と、ついにベスト10圏外へ後退した。 次週は、特撮テレビドラマシリーズの最新作映画『劇場版 仮面ライダーディケイド オールライダー対大ショッカー』、フィギュアシリーズから派生したテレビアニメをベースにした実写版映画『G.I.ジョー』などが公開。ハリポタの独走を止める作品が現れるか注目だ。(ランキングなどは興行通信社調べ)


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2009年
  3. 8月
  4. 4日
  5. 『ハリー・ポッター』3週連続首位の座キープ!『アマルフィ 女神の報酬』も好調!-8月3日版