シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

「ER 緊急救命室」のゴラン・ヴィシュニック、隠し子の母親を訴える?

「ER 緊急救命室」のゴラン・ヴィシュニック、隠し子の母親を訴える?
ゴラン・ヴィシュニック - Mark Von Holden / WireImage / Getty Images

 テレビドラマ「ER 緊急救命室」でコバッチ医師を演じているゴラン・ヴィシュニックが、2007年11月に自分の子どもと認知した女の子の母親を訴えようとしている。

 ゴランは1999年にイヴァナと結婚し、2007年5月には養子を迎えている。しかし同年の7月に生後4か月の隠し子ラナがいることが発覚。不倫相手のミレラ・ルピックに認知を求められ、最初は拒んだものの、現在は認知をし、養育費なども支払っている。今回はその取り決めをミレラが破ったことによる訴訟らしい。

 ミレラはイギリスのモデル・エージェンシーに娘のラナを登録したが、これをゴランがSNSサイト“フェイスブック”で知り、激怒。「子どもをプロモーションの道具に使ってはならないとミレラには警告してあります」とゴランの弁護士は語り、モデル・エージェンシーの登録を取り消さなければ訴えるつもりらしい。WENNによると、2008年1月にも、メディアに不倫のことを話すなと警告したとのこと。


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2009年
  3. 9月
  4. 1日
  5. 「ER 緊急救命室」のゴラン・ヴィシュニック、隠し子の母親を訴える?