シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

全米に3Dブーム到来!『ファイナル・デッドサーキット 3D』が全米第1位に【全米ボックスオフィス考】(1/2)

全米に3Dブーム到来!『ファイナル・デッドサーキット 3D』が全米第1位に
「首位から落ちないように、しっかりつかまれ~!」(映画『ファイナル・デッドサーキット 3D』より) - (C) MMV New Line Productions,Inc. All Rights Reserved.

 ホラーというジャンルは、封切りウイークエンドにコケることが稀である。そして昨今のハリウッドの傾向として、3D映画といえば十中八九大ヒットを記録している。今週、2,741万ドル(約27億4,100万円)をたたき出して全米第1位に輝いた映画『ファイナル・デッドサーキット 3D』は、これらのヒット要素を両方とも兼ね備えており、今回で4作目となるシリーズの中で最高の売り上げを記録した。(1ドル100円計算)

 封切り館3,121件のうち、1,678館が3Dでの上映を行っており、同作品のウイークエンド興行収入トータルの70パーセント(推定約1,900万ドル(約19億円))を占めた。ストーリーの内容が、オリジナル第1作目とほぼ同様なのにもかかわらず、これだけのヒットを記録したのは、ひとえに3Dの恩恵によるところが大きい。この映画ほど3Dにうってつけの作品はないと言える。話に聞くと、オリジナルの映画『ファイナル・デスティネーション』を観て以来、「3Dバージョンができないものか?」と待ち焦がれていたファンも多いようだ。週末に配給ワーナー・ブラザーズが観客に行った調査によると、意外にも52パーセントが女性で、全体の60パーセントが25歳以下の観客であったという結果が出ている。

 今週の第2位は、1週間でその王座を譲る羽目になってしまった映画『イングロリアス・バスターズ』で1,930万ドル(約19億3,000万円)。下降率は50パーセント以下の49.3パーセントにとどまり、まだまだ余力があるところを見せている。

 第3位は、こちらもホラー作品でシリーズものの映画『ハロウィンII』(原題)で1,635万ドル(約16億3,500万円)の成績。よくもここまで似たような作品を何本も作れるものだと、妙な敬意を示さずにはいられないこのシリーズだが、こういったたぐいのものをハリウッド映画業界ではフランチャイズという。作れば、とりあえず投資家たちが喜ぶくらいの売り上げがあるから、なかなかこのフランチャイズは絶えないのだ。だが、どうやらオリジナルの1981年版映画『ハロウィンII』の方が人気があったようで、このフランチャイズもそろそろガス欠では……といううわさも飛び交っている。

 続いて第4位は、1,027万ドル(約10億2,700万円)を収めた映画『ディストリクト9』(原題)。このジャンルにしては依然として快調な成績を上げ続けており、下降率も43.6パーセントと悪くない。


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2009年
  3. 9月
  4. 3日
  5. 全米に3Dブーム到来!『ファイナル・デッドサーキット 3D』が全米第1位に