シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

79歳のワイズマン監督、マイケル・ムーアにダメだし!手法がまるで対極?【第66回ヴェネチア国際映画祭】(1/2)

79歳のワイズマン監督、マイケル・ムーアにダメだし!手法がまるで対極?
フレデリック・ワイズマン監督 - (C)Kazuko Wakayama

 第66回ヴェネチア国際映画祭の第2コンペ、オリゾンティ部門でイベント上映された映画『パリ・オペラ座のすべて』のフレデリック・ワイズマン監督が現地時間10日、インタビューに応じた。

 同作品はドキュメンタリー界の巨匠・ワイズマン監督が、348年の歴史を持つパリ・オペラ座バレエ団に84日間密着し、160分にまとめた記録だ。ワイズマン監督は50年にわたるバレエファンであり「ダンスにおける肉体と精神の関係性を学びたい」と自ら企画を申し出たという。ワイズマン監督がバレエ団にスポットを当てるのは、『BALLET アメリカン・バレエ・シアターの世界』に続き、2度目だ。

 ワイズマン監督は「私が見たパリ・オペラ座バレエ団の新たな発見や感じたことのすべてが、この映画に詰まっています。『オペラ座の怪人』のモチーフになった劇場の地下水路もそうですし、屋上で養蜂していることもすべてね。中でも、長年の努力と献身、そして鍛練を重ねているダンサーたちと、彼らを支えるカンパニーの在り方そのものが私にとっての発見でした」と言う。

 一括りにドキュメンタリーと言えども、その手法はさまざまだ。ワイズマン監督のスタイルは、コンセプトも先入観も持たず、定点観測のように被写体を撮影し、集めた素材で編集という名の演出を加えていく。本作でも淡々と稽古風景や食事といったダンサーの日常から、彼らを支える美術・衣装スタッフら裏方、そして国家公務員である彼らが年金問題でミーティングしている超現実的な姿まで見せている。取材対象者にカメラで強引に斬り込んでいくマイケル・ムーア監督とは対極的だ。

 ワイズマン監督は「別に自分のスタイルが一番良いとは思ってないけど、私はこの手法が好きなんです。ムーア? 私は彼の大ファンというワケじゃありませんね。ムーア監督の映画は、(取材対象者ではなく)ムーア監督自身についての映画だと思う。特に面白いとは思わないな」とバッサリ斬り捨てた。

 巨匠の場合はしたたかに、相手の本音を写し出す。劇中の舞台稽古シーンで、振付師たちがダンサーにダメ出しする音声がまるでDVD特典の副音声のように入っている場面がある。ワイズマン監督は彼らにしっかりマイクを付けさせて声を拾っている。「芸術監督たちはハンドマイクを持っていて、時にはステージ上のダンサーに指示が届くようにマイクをオンにし、時にはオフにして演出側だけで話す時がある。そのオフで会話している内容が結構笑えるんだよ。あれは面白いだろ」と笑った。


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • フレデリック・ワイズマンvs.マイケル・ムーア from Gecko's Cyber Cafe (2009年9月20日 9時45分)
    ドキュメンタリー映画の手法云々というよりも、洋画のニコラウス・ゲイハルター監督の『OUR DAILY BREAD (いのちの食べかた)』、邦画で言えば原一男監督の『ゆきゆきて、神軍』などもそうだけど、そのドキュメンタリー映画を見て、観客が何を感じたか?あるいは行動する.. ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2009年
  3. 9月
  4. 12日
  5. 79歳のワイズマン監督、マイケル・ムーアにダメだし!手法がまるで対極?