シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

コーエン兄弟が共同クレジットの秘密を明かす!架空の人物がアカデミー賞を受賞したらとドキドキだった(1/2)

コーエン兄弟が共同クレジットの秘密を明かす!架空の人物がアカデミー賞を受賞したらとドキドキだった
コーエン兄弟-アップル・ストアにて - Photo: Nobuhiro Hosoki

 映画『ノーカントリー』でアカデミー賞4部門を受賞したコーエン兄弟が、新作『ア・シリアス・メン』(原題)と過去の作品についてアップル・ストアで開かれたイベントで語った。同作は、アメリカ中西部で教授をするラリー・ゴプニック(マイケル・ステュールバーグ)は、ある日共に住み、なかなか家を出て行かない兄弟(リチャード・カインド)に愛想を尽かした妻から、離婚話を突き付けられる。映画は、人生のカオスに翻弄(ほんろう)され、徐々に狂っていく真面目な男を描いたブラック・コメディ作品に仕上がっている。

 この映画の中心人物がミネソタ州の教授。コーエン兄弟もミネソタで育ち、実の父親は大学の教授である。そのため、ある批評家たちは、この映画をコーエン兄弟の最もパーソナルな映画と評していることについて、「脚本を書き出したときは、個人的な映画を製作しようと思ってはいなかったんだ。むしろ、この時代の設定に惹(ひ)かれて書き出し、それが、たまたま1967年に中西部の郊外に住むユダヤ人で、いつの間にか、僕らの子どもの時代と重複している形になっていただけなんだ。だから、この映画は、われわれの伝記や個人的な話ではないが、われわれが子ども時代に過ごした要素は含まれている」と弟のイーサンが答えた。

 前作では、ブラッド・ピット、ジョージ・クルーニー、ティルダ・スウィントンなど有名俳優を出演させたが、今回登場する俳優は、ニューヨークの舞台に詳しい人しか知らない人たちばかり。

 マイケル・ステュールバーグを主演にしたことについてイーサンが、「決して、有名俳優が嫌いになったわけじゃない(笑)。一方でジョエルは「今回は、意図的に、映画を普段観ている人たちにとって、あまり親しみのない俳優たちを選択したんだ。まったく知らない方が、この映画のストーリーに観客がついていけるとも思ったんだ。より演技に特徴がある方が、信憑性のある作品につながるからでもあるんだ」と述べた。

 印象に残ったシーンで、耳から毛がはみ出しているカットがあるが、あのようなアイデアは、最初から脚本に書かれていたかについては、「この映画には、毛深いユダヤ人が沢山出演しているからね。(映画は1967年の設定で、子どもがトランジスタラジオを聞いているシーンや、医者が診察しているシーンで耳のクロースアップがあり、あれは前もって意図的に笑わせるために、脚本を書いている時点で、思い浮かんだアイデアなんだ。だから、ほとんどは撮影前に頭の中ですでにデザインしたものばかりなんだ」と計算済みのアイデアを使用することが多いと明かした。


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2009年
  3. 9月
  4. 30日
  5. コーエン兄弟が共同クレジットの秘密を明かす!架空の人物がアカデミー賞を受賞したらとドキドキだった