シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

衝撃の実話!24歳と72歳が恋に落ちて結婚を約束するドキュメンタリー!主役二人も来場!-山形国際ドキュメンタリー映画祭(1/2)

衝撃の実話!24歳と72歳が恋に落ちて結婚を約束するドキュメンタリー!主役二人も来場!-山形国際ドキュメンタリー映画祭
ユリさん(左)、おっちゃん(中央)、東美恵子監督(右端) - Photo:Harumi Nakayama

 48歳年の差カップルの、愛の軌跡と苦悩を描いたドキュメンタリー映画『ユリ 愛するについて』が、開催中の山形国際ドキュメンタリー映画祭2009のアジア千波万波部門で上映されて話題になっている。

 監督は、出演女性の友人で、現在、ドイツ国立ミュンヘンテレビ映画大学在学中の東美恵子監督。衝撃的な恋愛模様の一部始終を見つめた東監督は「もし自分の父親が48歳年下の女性と付き合うことを想像したら『えっ!?』と思うかもしれないけど、いろんな人間模様を見た今は、そういうモンなんだなと受け止められると。なんか、自分の中の常識が崩れていっているのかもしれません(苦笑)」と語る。 

 登場するのは、ユリさん(当時24歳)と香川県の離島に住むおっちゃん(同72歳)。事の成り行きは2002年夏、東監督とユリさんが四国にヒッチハイク旅行へ出掛けた時。

 その訪れた離島で一番最初に彼女たちを車で拾ってくれたのがおっちゃんだった。ユリさんを一目見て「ピンと来た」というおっちゃんと、アーティストで常識にとらわれないユリさんは「好きだから」と、瞬く間に恋に落ちた。東監督もまた、ドキュメンタリーを撮る
ことを思い立ったという。

 東監督は「ユリは感受性の強い人で、高校時代から『わたしは24歳で死ぬと思う』ということをたびたび口にしていたんだけど、その24歳の年におっちゃんと出会った。あの旅の途中、よくユリと『おかしいなぁ』と言っていたんだけど、何かに引き込まれていくような感じでおっちゃんにたどり着いたような、何か神秘的なモノを感じたんです。ユリにドキュメンタリーを撮ることを持ちかけたとき、彼女も『東はそのためにわたしたちの出会いに居合わせたんじゃないか』と言っていましたね」と説明する。

 撮影は2003年から5年間におよんだ。二人は結婚を約束するが、年齢差に加え、在日三世であるユリさんの家族から猛反発を受けるなど、現実が降りかかる。まるで鏡を見るかのように、カメラのレンズを通して自分自身と向き合っていたユリさんは次第に心苦しくなり、「撮影を止めてほしい」と言われて話し合ったこともあったという。東監督は「二人の間にわたしが入ることで、もしかしたら現実を変えてしまったかもしれません。でもその一方で、ユリはカメラに話すことで冷静に自分を見つめることができた。でも、そのあたりの被写体との関係をどう築いていくかはまだ消化しきれてないかも。今後、模索していくことになると思う」と言う。


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • 62/365「ユリ 愛するについて」。 from 別冊 東京直撃地獄拳! あなたになら言える秘密色のはちみつ。~ 日曜日が待ち遠しいと思った、わたしのたった365日の中の野良猫ロックな日々と映画たちは 意外とオルカよりも速く泳ぐ。痛いほどきみが好きな (2010年3月8日 17時40分)
    こんにちは。 えっと、3月13日から「フェリーニ!フェリーニ!FELLINI! FELLINI!」が 新宿K's cinemaにて上映されます。フェデリコ・フェリーニ監督生誕90年ということで(ということは 黒澤明監督や山本薩夫監督、田中絹代さんらよりも 10歳年が下ということ.. ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2009年
  3. 10月
  4. 11日
  5. 衝撃の実話!24歳と72歳が恋に落ちて結婚を約束するドキュメンタリー!主役二人も来場!-山形国際ドキュメンタリー映画祭