シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

「ヴェロニカ・マーズ」のリサ・リナ、不況で店を閉店

「ヴェロニカ・マーズ」のリサ・リナ、不況で店を閉店
「従業員を一人も解雇せずに済んで良かった……」リサ・リナ - FilmMagic Inc / filmmagic.com

 テレビドラマ「ヴェロニカ・マーズ」でローガンの母親リン・エコールスを演じたリサ・リナが、経営するブティックの支店を閉店した。

 リサは、不況のため自身の洋服ブランド、ベル・グレイを販売していたカラバサス店を閉店しながらも、従業員は一人も解雇せず、本店はこれまでどおり営業を続けるとレーダー・オンラインは報じている。

 「リサ・リナが最も気にかけているのは従業員とお客様です。幸運なことに、フルタイム勤務の従業員は一人も解雇せずに済みました。また、お客様には、これまでと同じ質の高いサービスをシャーマンオークスにある本店で提供しています」とリサのスポークスマンはコメントしている。テレビドラマ「メルローズ・プレイス」でも知られるリサは「ヴェロニカ・マーズ」で夫を演じたハリー・ハムリンの本当の妻でもあり、2003年にリサの40歳の誕生日を記念して2人でベル・グレイをオープンさせている。


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2009年
  3. 10月
  4. 15日
  5. 「ヴェロニカ・マーズ」のリサ・リナ、不況で店を閉店